18/19プレミア第6節のウェストハム 対 チェルシーの試合が行われています。

チェルシーにとっては開幕6連勝がかかった試合でしたが、残念ながら堅い相手ゴールを打ち破ることができず、引き分けの結果となっています。
チェルシーの戦法はいつも通りでしたが、相手のウェストハムがかなり頑張っていましたね。

ゾーンディフェンスをベースに選手1人1人の集中が高く、ブロックが非常にコンパクトに形成されてましたし、ラインのコントロールも完璧だったからチェルシーの選手がオフサイドになるシーンもそこそこありました。
しかもインターセプトの意識が高く、奪ってからのカウンターもかなり速かったんで、チェルシーにとっては厄介な相手だったと思います。
ケパのファインセーブが無かったら負けてた可能性もありますね。

フォーメーション

ウェストハムとチェルシーのフォーメーションです。

4-5-1と4-3-3です。

ウィリアンのところ以外は全部固まっている感じですかね。
ここはペドロとウィリアンどっちがファーストチョイスかわかりません。

試合結果

試合は0-0の引き分け。

・得点者
 なし

・交代者
 ウェストハム
 後半20分 アントニオ⇒マルティネス
 後半29分 アンデルソン⇒スノドグラス
 後半40分 ノーブル⇒モレノ
 

 後半20分 ジルー⇒モラタ
 後半24分 リュディガー⇒ケーヒル
 後半34分 コバチッチ⇒バークリー

スタッツ
WHU CHE
ボール支配率(%) 28 72
シュート数(本) 6 15
枠内シュート(本) 1 6
パス本数(本) 293 757
パス成功率(%) 74 88
タックル 22 8
ハイライト