18/19プレミア第6節のアーセナル 対 エバートンの試合が行われています。

昨シーズン同様に(試合内容的に)苦戦が続いている印象のアーセナルですが、この試合はクリーンシートで勝利しています。
とはいっても、前半はエバートンにかなり決定機を作られておりまして、GKチェフのファインセーブがなければ複数失点していてもおかしくなかった試合展開でした。

エバートン的には流れがあった前半に先手を取れていれば、、、って感じでしょうけど、決めるときに決めないとやられてしまうのがサッカーですから仕方ありませんね。
ちなみにアーセナルはこれで4連勝となっています。

フォーメーション

アーセナルとエバートンのフォーメーションです。

ちょっとズレがありますが、両チームとも4-2-3-1です。

この試合のアーセナルはゲンドゥージではなくトレイラが先発しています。

試合結果

試合は2-0でアーセナルが勝利。

・得点者
 

    後半11分 アーセナル:ラカゼット

 

    後半14分 アーセナル:オバメヤン

・交代者

    アーセナル
    前半39分 ソクラティス⇒ホールディング
    後半24分 オバメヤン⇒イウォビ

 

    後半35分 ラムジー⇒ウェルベック

 

    エバートン

 

    後半27分 ルーウィン⇒トスン

 

    後半27分 ウォルコット⇒ベルナルジ

 

     

    スタッツ
    ARS EVE
    ボール支配率(%) 62 38
    シュート数(本) 9 10
    枠内シュート(本) 5 7
    パス本数(本) 555 317
    パス成功率(%) 83 74
    タックル 18 21
    ハイライト