18/19ラ・リーガ第4節のビルバオ 対 レアル・マドリードの試合が行われました。

レアル・マドリードは開幕3連勝を飾っており、非常に順調なスタートを切っています。
この試合もアウェーゲームだったとはいえ、きっちり取っておきたかったんですが、意外とビルバオが頑張りました。

ボールは自力で上回るレアルに支配されることになりますが、カウンターから右サイドを軸にフィニッシュまで持って行くことが多くなってます。
先制のシーンもその流れから生まれたものですし、あそこの崩しは非常にキレイでしたね。

後はビルバオGKのシモンがファインセーブを連発してました。
追いつかれたシーンは流石に仕方なかったですけど、この試合で勝ち点を取れたのは間違いなく彼のおかげですね。

フォーメーション

ビルバオとレアル・マドリードのフォーメーションです。

4-2-3-1と4-3-3です。

ビルバオのダニガルシアはエイバルで乾とチームメイトだった選手です。
彼も昨シーズンでエイバルを退団したようですね。

レアルはいつも通りの4-3-3ですが、中盤の並びが試合によって変わっています。
まだ見極めている段階なのかもしれませんが、思ってたよりイスコの出番が少ない気がします。

試合結果

試合は1-1のドロー。

・得点者
 前半32分 ビルバオ:ムニアイン
 後半19分 レアル:イスコ

・交代者
 ビルバオ
 後半9分  ムニアイン⇒カパ
 後半31分 ウィリアムズ⇒ホセ
 後半36分 ベニャ⇒リコ 

 レアル・マドリード
 後半1分  セバージョス⇒カゼミーロ
 後半16分 モドリッチ⇒イスコ
 後半30分 ベイル⇒バスケス

スタッツ
ビルバオ レアル
ボール支配率(%) 39 61
シュート数(本) 11 17
枠内シュート(本) 4 6
パス本数(本) 389 590
パス成功率(%) 81 88
タックル数 17 12
ハイライト