18/19チャンピオンズリーググループC第6節のリバプール 対 ナポリの試合が行われています。
この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

このグループCは最終節まで”どこのチームが決勝ラウンドに進めるのか決まっていない”大混戦のグループです。
前節PSGに敗れてしまったリバプールはこの試合に必ず勝たねばならず、そのうえいろいろな条件をクリアしなければ次に進められない苦しい状況に追い込まれていました。
(1点差なら1-0でOK、アウェーゴールを奪われた場合は2点差が必要でした)

両チームの戦い方についてはこれまでいっぱい書いてきましたし、この試合で特別新しい戦い方を披露していたわけではありません。
ただ、リバプールはこの試合に勝たないとグループ敗退が決まる試合でしたから、いつも以上に前に圧力をかけて試合に臨んでいました。
ホント、前への圧力のかけ方は今まで見てきた中で一番すごかったんじゃないですかね。

ナポリとしてはその圧力をモロに受けないようにゆったりボールを保持したかったところもあったんですが、試合自体はリバプールペースでどんどん進んでいくことになります。
リバプールのつなぎは相当速かったし、奪われてからのプレッシングもかなり強烈だったんで、ナポリとしては際どいシーンをずーと耐えていたんですけど、サラーのドリブルにはやられてしまい先制を許すことになりました。

やっぱりアンフィールドのリバプールは勝負強いなって試合でした。
終始試合を支配していながらも1得点しか奪えませんでしたが、それでも最後の最後までナポリのチャンスを防ぎ切ったわけですからね。
ホント、いい試合でした。

フォーメーション

リバプールとナポリのフォーメーションです。

4-3-3と4-4-2です。

試合結果

試合は1-0でリバプールが勝利。

会場:アンフィールド

・得点者

    前半34分 リバプール:サラー(ミルナー)

*()内はアシスト

・交代者

    リバプール
    後半34分 フィルミーノ⇒ケイタ
    後半40分 ミルナー⇒ファビーニョ
    後半45分 アーノルド⇒ロブレン
    ナポリ
    後半17分 ファビアン⇒ジエリンスキ
    後半22分 メルテンス⇒ミリク
    後半25分 マリオルイ⇒グラム
スタッツ
LIV NAP
ボール支配率(%) 51 49
シュート数(本) 23 8
枠内シュート(本) 5 3
パス本数(本) 499 540
パス成功率(%) 79 76
タックル 20 22
ハイライト

P.S.
有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ