18/19プレミア第26節のマンチェスター・シティ 対 チェルシーの試合が行われています。

この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

シティとチェルシーの上位対決です。

スタンフォードブリッジでの試合はチェルシーの方に軍配が上がりましたが、エティハドでの試合は予想外のものになりました。

もともとチェルシーは守備が崩壊しがちな傾向がありましたけど、それでも6失点っていうのは衝撃的な数字でもあります。

まあ、サッリ就任初年度は結果が伴わないことが多いですから、今の順位になっているのも仕方ないところがありますね。

ここからの巻き返しに期待しています。

逆にシティの方は圧巻のパフォーマンスでした。

アグエロはホーム2連続のハットトリックとホントにヤバいです。

リバプールとの優勝争いは厳しいものですが、頑張ってもらいたいですね。

⇒シティとアグエロが好きな方はこちらの記事がおススメです。
 シティの強さとアグエロのうまさ

フォーメーション

マンチェスター・シティとチェルシーのフォーメーションです。

4‐3‐3と4‐3‐3です。

試合結果

試合は6‐0でシティが勝利。

会場:エティハド・スタジアム

・得点者

  • 前半4分  シティ:スターリング
  • 前半13分 シティ:アグエロ(ジンチェンコ)
  • 前半19分 シティ:アグエロ
  • 前半25分 シティ:ギュンドアン
  • 後半11分 シティ:アグエロ
  • 後半35分 シティ:スターリング(ジンチェンコ)

*()内はアシスト

・交代者

    シティ
    後半20分 アグエロ⇒ジェズス
    後半23分 デブライネ⇒マフレズ
    後半30分 フェルナンジーニョ⇒シルバ
    チェルシー
    後半7分  バークリー⇒コバチッチ
    後半20分 ペドロ⇒ロフタスチーク
    後半28分 アロンソ⇒サントス
スタッツ
MCI CHE
ボール支配率(%) 55 45
シュート数(本) 14 12
枠内シュート(本) 9 4
パス本数(本) 632 533
パス成功率(%) 92 87
タックル 14 23
ハイライト

⇒Jリーグや欧州サッカーを観るならDAZN!

DAZNの使いやすさ、メリット、デメリット

⇒最新記事はこちらから

最新記事一覧

⇒有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はフォーメーション一覧から検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ