18/19チャンピオンズリーグ決勝ラウンド8セカンドレグ、マンチェスター・シティ 対 トッテナムの試合が行われています。

この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツ・ハイライトをまとめています。

注目の同国対決のセカンドレグです。

ファーストレグはホームのトッテナムが1‐0で勝利していましたが、シティホームの試合では前半から両チームともにたたき合いの展開となりました。

シティ側はすこし対応ミスがあってもったいない失点が連続したんですが、それでもソンフンミンのシュートはホントに見事でした。

やっぱりアジア最高のストライカーは重要な試合できっちり仕事をしてくれます。

シティ側もデブライネが圧巻のパフォーマンスを披露してくれていましたが、失点の多さが響いての敗退となってしまいました。

VARの介入によるレフェリングは非常に微妙な判断だったと思いますけど、サッカーにはこういった非情な部分があるのも現実です。

まあ、プレッシャーのかかる”得点が必要な場面でもきっちりゴールを奪ってくる”マジですごいチームなんですけどね。

結果を見てから試合を観戦してましたが、それでも本当に面白い試合でした。

シティにも勝ち上がってほしい思いはありましたが、トッテナムの勢いは本物でしたね。

次の対戦相手はレアル・ユベントスを破ってきたアヤックスです。

これも相当激しい試合になると思いますけど、ここまできたならトッテナムには決勝まで行ってもらいたいですね。

フォーメーション

マンチェスター・シティとトッテナムのフォーメーションです。

4-3-3と4-3-1-2です。

試合結果

試合は4-3でシティが勝利していますが、2戦合計4‐4となりアウェーゴールで勝ったトッテナムが勝ち抜けを決めています。

会場:エティハド・スタジアム

・得点者

    前半4分  シティ:スターリング(デブライネ)
    前半7分  トッテナム:ソンフンミン
    前半10分 トッテナム:ソンフンミン(エリクセン)
    前半11分 シティ:ベルナルド・シウバ(アグエロ)
    前半21分 シティ:スターリング(デブライネ)
    後半14分 シティ:アグエロ(デブライネ)
    後半28分 トッテナム:ジョレンテ(トリッピアー)

*()内はアシスト

・交代者

    シティ
    後半18分 シルバ⇒フェルナンジーニョ
    後半39分 メンディ⇒ザネ
    トッテナム
    前半41分 シソコ⇒ジョレンテ
    後半37分 ルーカスモウラ⇒デイビス
    後半46分 ローズ⇒サンチェス
スタッツ
MCI TOT
ボール支配率(%) 65 35
シュート数(本) 20 11
枠内シュート(本) 8 7
パス本数(本) 584 310
パス成功率(%) 88 74
タックル 22 16
ハイライト

⇒Jリーグや欧州サッカーを観るならDAZN!
 DAZNに興味がある方はこちらの記事がおススメです。

DAZNの使いやすさ、メリット、デメリット

⇒最新記事はこちらから

最新記事一覧

⇒有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はフォーメーション一覧から検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ