18/19ラリーガ第1節のレアル・マドリード 対 ヘタフェの試合です。

サンティアゴ・ベルナベウでの開幕戦ですが、絶対エースのロナウドがいなくなったの状況でもレアル・マドリードが快勝しています。
それに監督がジダンからロペテギに変わったことでレアルのサッカーもだいぶ変わっています。
スタッツにも表れていますけど、スタイルそのものがバルセロナに近いものになっていきそうです。

プレシーズンではアトレティコ相手にいいところを見せられなかったレアルなんですが、「昨シーズンはプレシーズンで完璧な強さを見せてシーズン始まると失速した」ことを考えると、その時とは状況的に真逆です。
だから、特に根拠はありませんが個人的には大丈夫だと思ってます。
まあ、CL4連覇を狙うのはもちろんですが、バルセロナからリーグの覇権を取り戻してほしいですな。

フォーメーション

レアル・マドリードとヘタフェのフォーメーションです。

4-3-3と4-5-1です。

レアルの基本フォーメーションはこれなんでしょう。
そのうち2トップとかも見れるのかな?と思ってますけど、この辺は対戦相手によって変わりますかね。

この試合はベイルの活躍が目立ってましたけど、彼が心配なのはケガだけです。
そういった意味でもチェルシーのアザールは取っておきたいところなんですかね。
後はベンゼマのところも寂しい気がしますからCFタイプも補強するかもです。

試合結果

試合は2-0でレアル・マドリードが勝利。

カルバハルのゴールが結構好きです。

・得点者
 前半20分 レアル:カルバハル
 後半6分  レアル:ベイル

・交代者
 レアル
 後半13分 イスコ⇒カゼミーロ
 後半26分 セバージョス⇒モドリッチ
 後半32分 ベイル⇒バスケス
 

 ヘタフェ
 後半13分 アマト⇒アルナイス
 後半19分 ポルティージョ⇒アレホ
 後半26分 モリーナ⇒ロドリゲス

スタッツ
レアル ヘタフェ
ボール支配率(%) 78 22
シュート数(本) 10 5
枠内シュート(本) 3 1
パス本数(本) 793 222
パス成功率(%) 91 64
タックル 19 18
ハイライト