18/19プレミア第5節のワトフォード 対 マンチェスター・ユナイテッドの試合が行われてます。

開幕4連勝と好調を維持しているワトフォードと補強がうまくいかずに序盤戦から苦戦が続いているユナイテッドが激突していますが、この試合は効率よく戦ったアウェーのユナイテッドが勝利を収めています。
これでユナイテッドは今シーズン初の連勝となりました。

試合全体を通してユナイテッドはGKデヘアのファインセーブに救われています。
2点を先行する試合展開でしたが、シュート本数など試合内容的には負けていてもおかしくないところはありましたね。

とはいっても勝ちは勝ちです。
モウリーニョ監督の去就も気になるところですが、ミッドウィークからチャンピオンズリーグが始まりますので頑張ってもらいたいところです。

フォーメーション

ワトフォードとマンチェスター・ユナイテッドのフォーメーションです。

4-4-2対4-3-3です。

ユナイテッドは前節から少し変えてヤングが先発しています。
それ以外の特記事項はありません。

試合結果

試合は1-2でユナイテッドが勝利。

・得点者
 前半35分 ユナイテッド:ルカク
 前半38分 ユナイテッド:スモーリング
 後半20分 ワトフォード:グレイ

・交代者
 ワトフォード
 後半27分 ヤンマート⇒フェメニア
 後半39分 ホレバス⇒マシナ
 後半43分 キャスカート⇒サクセス

 ユナイテッド
 後半26分 リンガード⇒マルシアル
 後半39分 サンチェス⇒マクトミネイ
 後半47分 バレンシア⇒バイイー

スタッツ
ワトフォード ユナイテッド
ボール支配率(%) 39 61
シュート数(本) 14 9
枠内シュート(本) 5 6
パス本数(本) 381 518
パス成功率(%) 76 81
タックル 25 12
ハイライト