J1リーグ第18節のガンバ大阪 対 鹿島アントラーズの試合情報です。

アントラーズはミッドウィークに試合があったため、中2日での試合となりました。
対するホームのガンバは成績不振から監督を解任。
後任は宮本恒靖さんとなりましたね。

降格圏脱出のためにホームゲームをきっちりものにしたかったガンバでしょうけど、乗ってるアントラーズ相手に同点に追いついての引き分けは悪い結果ではなかったでしょう。
逆にアントラーズは連戦の疲れがあったとはいえ、勝ち切れなかったのは残念でしたね。

フォーメーション

ガンバ大阪と鹿島アントラーズのフォーメーションです。

4-4-2同士の対決です。

アントラーズは鈴木優磨を右、土居聖真を左の表記としていますが、少し時間が経ってからは並びが逆になってます。
(途中から鈴木優磨が左サイドに流れてきたんで)
それ以外のところでは昌子は前節のケガがあって町田がスタメン。
あと、内田篤人が先発になってます。

ガンバは宮本監督になってから布陣が少し変わっています。
ちなみにアントラーズ同様、ファンウィジョとアデミウソンもよくポジションチェンジしてました。

ガンバの戦い方

宮本新監督が就任したことでチーム全体的に守備意識が大きくなったと感じています。
それでもビルドアップの時には両SBが高い位置を取りますけどね。

2CBもかなりワイドに展開してその間に遠藤や高が降りてくる形でしたけど、攻撃のやり方自体はクルピの時から大きく変わってない印象です。
その中で「守備意識が上がったな」と感じたのはプレスバックの速さですね。
単純にボールロスト後の自陣への戻りが全員速くなってます。

ただ、奪われてすぐにボールへアプローチに行ける選手はあまりいなかったというか、プレッシングのところの連係がすこし微妙な感じがありました。
(同点ゴールはいい形で奪い返せてましたけどね)
全体的にマンマークの意識が強く、トランジションのところでも”自分のマーク”が気になるためか、勢いよくボールへアタックすることができてない感じです。
リトリートした状態ではゾーン気味にブロックを組んでましたけどね。
とっさの時にはこういった動きが見受けられたんで、やっぱりやってる選手のクセなんだと思います。

まあ、”チームとして守備意識を上げる”と自分のマークをかなり気にしてしまうのは日本人選手の特徴となってますから仕方ないところはあります。
それで失点シーンはセットプレーからでしたけど、ファールを与えてしまったシーンではボールの動きに対して後手後手の対応になってました。
(これも相手選手への意識が強すぎると起きてくる現象です)
遠藤のプレーも軽率でしたが、この部分は改善しなきゃいけないポイントでしょう。

ちなみに米倉の同点ゴールはキックミスです。
明らかにファンウィジョを狙ったボールでした。
(それをミスっていいループシュートになった)

スローのハイライトで観ればわかりますけど、米倉はボールを蹴った後に「やらかした~」って顔をしてますんで、かなりわかりやすかった(面白かった)です。

試合結果

試合は1-1で引き分けです。

・得点者
 前半41分 鹿島:町田
 後半25分 大阪:米倉

・交代者
 ガンバ大阪
 後半32分 米倉⇒藤本
 後半38分 倉田⇒食野
 後半42分 ファンウィジョ⇒長沢 

 鹿島アントラーズ
 後半34分 阿部⇒西
 後半40分 内田⇒伊東
 後半43分 土居⇒山口

スタッツ
ガンバ アントラーズ
ボール支配率 50% 50%
シュート数 13本 6本
枠内シュート 3本 2本
パス本数 561本 566本
パス成功率 82% 82%
走行距離 106.5km 104.4km
ハイライト

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ