18/19プレミア第11節のアーセナル 対 リバプールの試合が行われています。
この試合の感想とフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

前節のクリスタルパレス戦は引き分けの結果となりましたが、リーグ戦ではずっと負けなしを継続しているエメリアーセナル。
それに対するは現在首位を走っているクロップリバプールという対戦カードになりました。

フォーメーション

アーセナルとリバプールのフォーメーションです。

4-2-3-1と4-3-3です。

ヘンダーソンやケイタはケガ、ロブレンは筋肉系のトラブルでベンチ外になってます。

試合の感想

立ち上がりからゲームのペースを握っていたのはホームのアーセナルでした。
両サイドバックが常に高い位置をとり、相手陣内のサイドで数的優位を作って細かいパスを連続させながらリバプール守備陣を攻略していく感じです。
序盤は特に左サイドからの崩しが目立っていましたかね。

対するリバプールはアーセナルの戦い方の影響もあってか、この試合は堅守速攻の構えが強かったように思えます。
もともとロングカウンターがめっちゃ強力なチームですし、アーセナルはカウンターから失点することが多いですからそこも考慮しての戦略だったんじゃないでしょうかね。

チームのパフォーマンス的にアーセナルの方が上回った前半だったと思いますけど、シュートチャンスや決定機はリバプールの方が多くなってます。
やっぱり攻撃の速さとか瞬発力はリバプールの方が優れていますね。
攻撃のアイディアとか狭いスペースでの連携はアーセナルの方が上回っていますけど、相手もゴール前をがっちり固めている分”きっちり点で合わせない”となかなか得点には結びつかないところがありました。

守備面ではアーセナルの方がプレーの強度がかなり高くスイッチが入ってからのプレッシングはかなり迫力がありました。
逆にリバプール側はいつものような安定感があまりなく、特に中盤の3枚のところは連携がうまくいってないようなところがあってバイタルエリアを狙われることが多くなっています。
(それでもゴール際で全員が体を張ってましたけど)
相手がアーセナルじゃなかったらそこまで目立ってなかったと思いますけど、ヘンダーソンが不在だった影響が表れたところではありますね。

全体的には緊張のあるいいゲームだったと思います。
ホントに思ってたよりアーセナルのパフォーマンスが良かったからビックリしました。
先制される難しい試合展開でしたが、ラカゼットの同点ゴールは見事でした。

試合結果

試合は1-1の引き分け。

・得点者

    後半16分 リバプール:ミルナー
    後半37分 アーセナル:ラカゼット

・交代者

    アーセナル
    後半23分 ムヒタリアン⇒イウォビ
    後半28分 オバメヤン⇒ラムジー
    後半36分 コラシナツ⇒ウェルベック
    リバプール
    後半35分 フィルミーノ⇒シャキリ
    後半49分 サラー⇒マティプ
    スタッツ
    ARS LIV
    ボール支配率(%) 60 40
    シュート数(本) 12 13
    枠内シュート(本) 4 4
    パス本数(本) 585 356
    パス成功率(%) 85 77
    タックル 21 13
    ハイライト

    P.S.
    有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
    過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


    サッカーランキング
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村 サッカーブログ