18/19プレミア第7節のアーセナル 対 ワトフォードの試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツです。

開幕こそ躓きがあったもののその後調子を上げてきたアーセナル。
システム自体もここ最近は固まってきているようですし、後は強豪と戦った時にいいパフォーマンスを披露できるかどうかってところでしょうかね。

とはいっても、この試合では序盤から苦戦することになりました。
なかなかワトフォードゴールをこじ開けることができず、終盤までスコアが動かない展開です。
GKチェフの肉離れ的な負傷交代もありましたし、少し怪しい雰囲気もありましたが、ワトフォードのオウンゴールで先手を取れたことで勝負をものにできています。

フォーメーション

アーセナルとワトフォードのフォーメーションです。

4-2-3-1と4-4-2です。

試合結果

試合は2-0でアーセナルが勝利。

・得点者

    後半36分 アーセナル:オウンゴール
    後半38分 アーセナル:エジル

・交代者

    アーセナル
    前半48分 チェフ⇒レノ
    後半18分 ラムジー⇒イウォビ
    後半32分 オバメヤン⇒ウェルベック
    ワトフォード
    後半27分 グレイ⇒サクセス
    後半39分 ナバロ⇒フェメニア

     

    スタッツ
    ARS WAT
    ボール支配率(%) 63 37
    シュート数(本) 9 13
    枠内シュート(本) 2 4
    パス本数(本) 541 297
    パス成功率(%) 82 68
    タックル 10 24
    ハイライト