18/19プレミア第11節のボーンマス 対 マンチェスター・ユナイテッドの試合が行われています。
この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

ユナイテッドのアウェーゲームでしたが、この試合の対戦相手であるボーンマスは開幕から非常に好調でした。
(試合が終わるまではユナイテッドより勝ち点が多かったですしね)
そのかなり難しいアウェーゲームをラッシュフォードの劇的な逆転ゴールでものにできたのは非常に大きい結果になりました。

モウリーニョ監督の去就がずっと騒がれておりますが、この調子を維持してもらってゴキブリ並みの生命力でシーズン終了まで生き延びてもらいたいもんです。

フォーメーション

ボーンマスとマンチェスター・ユナイテッドのフォーメーションです。

4-2-3-1と4-3-3です。

試合結果

試合は1-2でユナイテッドが勝利。

・得点者

    前半11分 ボーンマス:ウィルソン
    前半35分 ユナイテッド:マルシアル
    後半47分 ユナイテッド:ラッシュフォード

・交代者

    ボーンマス
    後半23分 クック⇒ゴスリング
    後半29分 フレイザー⇒イベ
    後半46分 スタニスラス⇒スルマン
    ユナイテッド
    後半11分 マタ⇒ラッシュフォード
    後半11分 フレッジ⇒エレーラ
    後半33分 サンチェス⇒リンガード
スタッツ
BOU MUN
ボール支配率(%) 48 52
シュート数(本) 18 16
枠内シュート(本) 7 6
パス本数(本) 412 448
パス成功率(%) 76 80
タックル 18 17
ハイライト

P.S.
有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ