プレミア第2節のブライトン 対 マンチェスター・ユナイテッドの試合が日曜日に行われました。

ユナイテッドの監督であるモウリーニョに対する不満やチーム内の混乱が表れたゲームとなってます。
前半のうちに3失点を食らってしまい、終盤のPKも含めた2点の反撃をするも、届かずストレートに負けています。

思ってたより躓くのが早かったユナイテッドなんですが、やっぱり今後はモウリーニョ解任の声が強くなっていきそうです。
もともと”攻撃的サッカーの面白さ”を捨てて結果を追い求めたはずなのに、その結果が残せていないわけですからそういった流れになるのは当然です。

まあ、まだシーズンは始まったばっかりなんですが、しばらくはこういった感じの試合が続くのかな?って感じですね。

フォーメーション

ブライトンとマンチェスター・ユナイテッドのフォーメーションです。

4-5-1と4-3-3です。

ユナイテッドは前節から前線のメンバーを入れ替えています。
話題のポグバはまた先発。

試合結果

試合は2-3でブライトンの勝利。

・得点者
 前半25分 ブライトン:マーレー
 前半27分 ブライトン:ダフィー
 前半34分 ユナイテッド:ルカク
 前半44分 ブライトン:グロス
 後半50分 ユナイテッド:ポグバ

・交代者
 ブライトン
 前半20分 ダンク⇒バログン
 後半45分 グロス⇒カヤル
 後半47分 マーレー⇒ロカディア
 

 ユナイテッド
 後半1分  ペレイラ⇒リンガード
       マタ⇒ラッシュフォード
 後半15分 マルシアル⇒フェライニ

スタッツ
ブライトン ユナイテッド
ボール支配率(%) 32 68
シュート数(本) 6 9
枠内シュート(本) 3 3
パス本数(本) 280 567
パス成功率(%) 64 85
タックル 28 13
ハイライト