18/19プレミア第4節のチェルシー 対 ボーンマスの試合が行われています。

チェルシーにとっては開幕4連勝がかかった試合でしたが、ペドロ・アザールの活躍もあってクリーンシートで勝利しています。
相手のボーンマスはかなり守備意識が高い厄介なチームでしたし、チームの得点源がセットプレーですんで単純なCKでも迫力がありましたがなんとか最後まで凌ぎきってますね。

危ないシーンはちょこちょこあったんですが、無失点で試合を終えられたのはいい材料でしょう。
後は相手ボックス近くでの攻撃のアイディアとかですかね。
まあ、ゴール前をガッツリ固められるとどのチームでも崩すのは難しいんですが、そこを突き詰めるのがサッリとかペップのサッカーですんで。

フォーメーション

チェルシーとボーンマスのフォーメーションです。

4-3-3と5-4-1です。

チェルシーは前節からペドロに代わってウィリアンがスタメンです。
残留が決まったアザールはコンディションも上がってきてるようですね。

相手のボーンマスは5バック。
最前線のウィルソンも守備対応に回ってました。

試合結果

試合は2-0でチェルシーが勝利。

・得点者
 後半27分 チェルシー:ペドロ
 後半40分 チェルシー:アザール

・交代者
 チェルシー
 後半16分 モラタ⇒ジルー
 後半20分 ウィリアン⇒ペドロ
 後半34分 コバチッチ⇒ロフタスチーク
 

 ボーンマス
 後半35分 スミス⇒イベ
       キング⇒ムセ
 後半43分 レルマ⇒クック

スタッツ
チェルシー ボーンマス
ボール支配率(%) 73 27
シュート数(本) 23 9
枠内シュート(本) 6 1
パス本数(本) 697 249
パス成功率(%) 88 69
タックル数 13 14
ハイライト