18/19ラリーガ第2節のバジャドリード 対 バルセロナの試合が行われています。

バジャドリードは昇格組のチームです。
なんか聞いたことあるなと思ったら、昔に元日本代表の城さんが所属してましたね。

バルセロナにとっては格下とのアウェーゲーム。
昨シーズン同様に安定感のある強さを開幕から見せてますけど、この試合は結構苦労しています。

そもそもピッチがボコボコで芝がめくれてるヶ所が相当数あったんで、バルサの選手は相当やりにくそうでした。
その影響もあってなかなか点が奪えない時間が長かったんですが、後半に入ってからデンベレが決勝点。
ずっと思ったような活躍ができてなかっただけにこのゴールは大きいものになりましたね。

フォーメーション

バジャドリードとバルセロナのフォーメーションです。

4-4-2対4-3-3です。

バルセロナは開幕戦の後半に近い並びにしています。
あの試合はコウチーニョを入れてから流れが変わりましたから、それを受けてのフォーメーションです。

試合結果

試合は0-1でバルセロナが勝利。

終盤にバジャドリードが同点に追いついたように見えましたが、VARが介入してオフサイドの判定。

・得点者
 後半12分 バルサ:デンベレ

・交代者
 後半19分 ボルハ⇒ケコ
 後半25分 エネス⇒コップ
 後半42分 トニ⇒ヴェルデ
 

 バルセロナ
 後半31分 デンベレ⇒ビダル
 後半39分 コウチーニョ⇒マルコム
 後半46分 スアレス⇒エルハダディ

スタッツ
バジャドリード バルセロナ
ボール支配率(%) 36 64
シュート数(本) 7 9
枠内シュート(本) 4 5
パス本数(本) 320 590
パス成功率(%) 75 85
タックル成功 21 9
ハイライト