18/19プレミア第5節のニューカッスル 対 アーセナルの試合が行われました。

エメリ監督のもと新しいスタイルを試しているアーセナルですが、後方からのビルドアップがかなり不安定な印象があります。
解説の人も言ってましたが、GKのチェフが絡む深いところでのパス回しのミスが多く、今のアーセナルの弱点であると言えます。

ニューカッスルのベニテス監督もそこをかなり狙っていたみたいで、今までの強豪との戦いとは違ってかなりプレッシングをかけるシーンが序盤から多くなってます。
確かにその狙いは有効だったと思いますし、序盤からアーセナルは不安定なパフォーマンスになってました。

流れが良かった前半に先手を取れてればニューカッスルにもチャンスがあったと思いますけど、後半に入ってアーセナルが連続ゴールを奪ったことで勝負が決まっています。
悪くない戦いをしてただけにニューカッスルにはもう少し頑張ってもらいたいところでした。

フォーメーション

ニューカッスルとアーセナルのフォーメーションです。

4-4-2と4-2-3-1です。

ニューカッスルはシティ戦では5バックを採用してましたけど、この試合では4バックです。
それにしても武藤はスタメンに入れませんね。
ポジション争いは激しいですが、頑張ってもらいたいところです。

試合結果

試合は1-2でアーセナルが勝利。

・得点者
 後半4分  アーセナル:ジャカ
 後半13分 アーセナル:エジル
 後半46分 ニューカッスル:クラーク

・交代者
 ニューカッスル
 後半1分  ラスセルス⇒クラーク
 後半24分 マーフィー⇒ケネディ
 後半34分 リッチー⇒武藤 

 アーセナル
 後半1分  ゲンドゥージ⇒トレイラ
 後半24分 オバメヤン⇒ムヒタリアン
 後半35分 ラムジー⇒ウェルベック

スタッツ
ニューカッスル アーセナル
ボール支配率(%) 35 65
シュート数(本) 4 12
枠内シュート(本) 4 7
パス本数(本) 329 596
パス成功率(%) 65 84
タックル 16 13
ハイライト