18/19セリエA第3節のパルマ 対 ユベントスの試合が行われています。

試合は開始早々にクアドラード⇒マンジュキッチのホットラインでユベントスが先制。
このゴールはずっとユベントスがやってきた形です。

ただ、パルマの方も前半のうちに反撃しています。
左サイドからのクロスボールをファーサイドにいたジェルビーニョが押し込んで同点。

後半に入るとマテュイディがマンジュキッチとのワンツーで抜け出して、GKの頭上をぶち抜くシュートでユベントスが勝ち越し。
こうなるとこのチームはきっちり試合をまとめますから、そのまますんなり勝ち切っています。

フォーメーション

パルマとユベントスのフォーメーションです。

4-5-1と4-3-3です。

ホームのパルマはガッツリ堅守の構えです。
スタッツ的にもそれは表れています。

ユベントスのフォーメーションは前節から引き継ぎ。
ただ、右のSBにクアドラードが入ってますね。
(なんか昨シーズンもやってましたけど)

試合結果

試合は1-2でユベントスが勝利。

・得点者
 前半2分  ユベントス:マンジュキッチ
 前半33分 パルマ:ジェルビーニョ
 後半13分 ユベントス:マテュイディ

・交代者
 パルマ
 後半15分 リゴーニ⇒ディオラ
       ジェルビーニョ⇒ダクルズ
 後半35分 ディガウディオ⇒チェラボロ

 ユベントス
 後半10分 ベルナルデスキ⇒ドウグラス
 後半28分 ピャニッチ⇒ジャン
 後半35分 ケディラ⇒ディバラ

スタッツ
パルマ ユベントス
ボール支配率(%) 31 69
シュート数(本) 11 25
枠内シュート(本) 4 6
パス本数(本) 302 589
パス成功率(%) 79 90
タックル数 10 14
ハイライト