19シーズンJ1リーグ第3節のベガルタ仙台 対 ヴィッセル神戸の試合が行われています。

この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

ヴィッセル神戸がベガルタ仙台とのアウェーゲームに臨んでいます。

試合は先制を許す展開でしたが、古橋・ビジャのゴールで逆転し、そのままヴィッセル神戸が勝利しています。

この試合は中盤ボックスの4‐4‐2を使ったヴィッセルでしたが、ポドルスキ・イニエスタともに中央へ絞る動きが多かったですね。

そのため、サイドは数的不利になる状況(相手が3‐4‐2-1だったから、ミスマッチが起きやすい)が多かったですが、中央突破の迫力は印象的でした。

その中でヴィッセルの課題は被シュート数でしょうね。

ボール支配率のわりに相手にシュートを打たれすぎなので、ここをどう改善していくか?ってところでしょうか。

フォーメーション

ベガルタ仙台とヴィッセル神戸のフォーメーションです。

3-4-2-1と4-4-2です。

試合結果

試合は1‐3でヴィッセルが勝利。

会場:ユアテックスタジアム

・得点者

  • 前半12分 仙台:マテ(永戸)
  • 前半32分 神戸:古橋(イニエスタ)
  • 後半1分  神戸:ビジャ(古橋)
  • 後半19分 神戸:オウンゴール

*()内はアシスト

・交代者

    ベガルタ仙台
    後半17分 ジャーメイン⇒吉尾
    後半27分 兵藤⇒梁
    後半27分 阿部⇒長沢
    ヴィッセル神戸
    後半29分 ビジャ⇒小川
    後半47分 古橋⇒田中
    スタッツ
    仙台 神戸
    ボール支配率(%) 39 61
    シュート数(本) 20 17
    枠内シュート(本) 6 9
    パス本数(本) 432 696
    パス成功率(%) 81 88
    走行距離(km) 112.4 109.4
    ハイライト

    ⇒サッカー観るならDAZN!

    DAZNの使いやすさ、メリット、デメリット

    ⇒最新記事はこちらから

    最新記事一覧

    ⇒有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
    過去の試合データをご覧になりたい方はフォーメーション一覧から検索することができます。


    サッカーランキング
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村 サッカーブログ