代表に選ばれる選手もかなり海外組の比率が多くなってきた日本代表。
まあ、それだけ日本人選手のレベルが上がってきているという見方もできますが、実際は判断が難しいところです。
(海外挑戦しやすくなったのは間違いないです)

それでこういう流れになるとかならず話題に上がってくるのが、「国内組をもっと使え」という意見です。
ハリル監督が国内組(Jリーガー)を軽視するっていうのは、かなり前から指摘されてきてはいたんですが、それについて僕なりの考えを書いていきたいと思ってます。


-------スポンサードリンク-------

ハリル監督の選好ポイント

ハリルさんが就任してから、日本代表のコンセプトに掲げているものに「デュエル」っていうものがあります。
わかりやすく言うと、球際の強さであり、セカンドボールへの反応やポジショニング、フィジカルコンディションなどが影響します。
特にハイプレスを主体とするチーム作りを目指しているため、どのポジションの選手であろうとハードワークする必要がありますし、インテンシティ(真剣さ、激しさとかそういうニュアンスです)の高いプレーをする必要があります。

「アンチフットボール」まではいかないですが、近年の日本代表にはなかった考え方ですし、世界と戦う戦術としてはアリかなと個人的には思っています。
ただ、ハリルさんの選手選考に関してはいろいろと批判があるようです。
「試合に出ている選手を使う」「フィジカルコンディションを優先する」と言ってたのに、まったく試合に出てなかった、本田や宇佐美を代表に呼んだりしてましたしね。
とはいえ、僕はこの辺は多めに見てあげた方がいいと思います。
(言ってることとやってることが違う!!っていうのは人間性の話なので、、、)

~スポンサードリンク~

代表でチーム作りはムズイ

そもそも国の代表っていうのは、実はそこまでチーム作りに専念できるわけではありません。
合宿の期間も限られているし、毎回同じ選手を選べるわけでもありません。
そんな中で可能な限り準備をする必要がありますし、試合があれば勝利を優先する必要があります。
基本的に「負けてもいいから育成」っていう考え方は普通はなかなかできません。
監督だって、「クビ」がかかってるわけですからね。

だからこそ、チーム作りっていうのは、代表選手が集まらないところで考える必要があったりします。
各々のクラブチームでの練習で意識してもらったり(個別メニューをこなしてもらったり)、同じチームにいる選手同士で連携を深めたりしてもらいます。
ハリル監督が各選手に「日本代表の戦術マニュアル」を渡しているのは有名です。

国内リーグの重要性

代表チームで考えると、同じクラブチームに代表クラスの選手がそろっている方が当然、連携は深まります。
ドイツ代表で言うところの「バイエルン・ミュンヘン」ですね。
バイエルンはブンデスリーガで活躍したドイツ代表候補の選手を引き抜くのは有名ですし、そうやって選手を集めることで、代表チームに貢献していることになります。

そういった意味で、日本のJリーグでも「バイエルン」みたいなチームを作れれば、話は簡単になってくるんですが、、、
ただ、やみくもに強いチームを作ろうとしても意味がありません。
中国のどっかのチームみたいに、カネにものを言わせて、有名選手を集めたところで、代表チームに貢献しません。
基準はあくまで日本人なんです。
日本人選手のレベルアップ⇒Jリーグのレベルアップ⇒バイエルンみたいなチームを作る、こういう順番でないと意味がありません。

決定的に違うこと

僕は欧州リーグとJリーグのレビューしていますので、イヤでもリーグ間のレベル差が分かってしまいます。
特にプレミアリーグなんかとJリーグを比較するとはっきりわかります。
試合の展開の速さ、パススピード・シュートスピード、フィジカルコンディションの違い、ボディコンタクトの強さ、戦術へのこだわり、、、世界で一番人気のあるリーグだけあって、やっぱりレベルは高いです。

その中で、個人的に一番気になってしまうのが、審判のジャッジの基準です。
Jリーグとプレミアリーグだと、明らかにファウルの取られ方が違っています。
Jリーグは明らかにファウルを厳しく取っています。
早い話が「後ろからちょっと体を当てられてコケる」とファウルになります。
(だから、よく試合が止まります)
プレミアリーグだとほぼシカトです、そんなもん。

世界基準にする必要がある。

Jリーグのジャッジの基準が、国際試合の基準であれば、日本人に有利に働きます。
でも実際は違うわけで、それが世界とのレベル差にも繋がっています。

Jリーグだと、自分がボールをキープしているときに変な方向から体を当てられたら、とりあえず「コケとけば」ファウルをもらえちゃうんですよ。
ファウルもらえるってわかってれば、踏ん張らずにコケますよね?普通。
Jリーグでやってる分には問題ありませんが、世界基準の試合になるとやっぱり弱さが出ます。
普段の試合で、踏ん張っていない選手が世界基準の試合で踏ん張れるわけありません。

海外組を呼ばないのは?

ハリル監督が海外組を重視する理由はよくわかります。
だって、デュエルを基準にするとき、「Jリーグと欧州リーグではファウルの基準が明らかに違うので、そもそも比較することができない」と思いませんか?
「なんで呼ばないんだ!!」じゃなくて、基本的に(Jリーガーのポテンシャルが)わからないから呼ばないんです。

Jリーグの現状を考えると、やっぱり代表は海外組を軸にチームを考えます。
これは誰が監督をやってもなかなか変わることはないと思います。
Jリーガー中心の代表チームを作りたいんであれば、Jリーグのレベルアップが必要だし、レベルアップするためには、まずはレフェリングを世界基準にする必要があります。

今後、レフェリングの基準が見直されるのかはわかりませんが、願わくば、Jリーグのレベルが上がることを心から祈ってます。

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”