キリンチャレンジカップ2019の日本代表 対 パラグアイ代表の試合が行われています。

この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツ・ハイライトをまとめています。

スポンサードリンク




フォーメーション

日本代表とパラグアイ代表のフォーメーションです。

4-2-3-1と4-2-3-1です。

試合結果

試合は2-0で日本が勝利。

会場:県立カシマサッカースタジアム

得点者
    前半23分 日本:大迫(長友)
    前半30分 日本:南野(酒井)
    *()内はアシスト
交代者
    日本
    後半0分  中島⇒原口
    後半0分  堂安⇒久保
    後半0分  酒井⇒植田
    後半22分 長友⇒安西
    後半22分 大迫⇒永井
    後半31分 柴崎⇒板倉
    パラグアイ
    後半0分  ロハス⇒パレデス
    後半0分  エスコバル⇒リベロス
    後半0分  サンチェス⇒マルティネス
    後半9分  ゴメス⇒ロハス
    後半19分 サナブリア⇒ロメロ
    後半28分 ゴンサレス⇒ロメロ

スタッツ

JPN PAR
ボール支配率(%) 49 51
シュート数(本) 21 6
枠内シュート(本) 9 3
パス本数(本) 530 535
パス成功率(%) 82 81

ハイライト

⇒Jリーグや欧州サッカーを観るならDAZN!
 DAZNに興味がある方はこちらの記事がおススメです。

DAZNの使いやすさ、メリット、デメリット

⇒最新記事はこちらから

最新記事一覧

⇒有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はフォーメーション一覧から検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ

 
~スポンサードリンク~
     

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください