アジアカップ2019の準決勝、日本代表 対 イラン代表の試合が行われています。
この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツ・ハイライトをまとめています。

今のアジア最強と言われているイラン代表と対戦することになりました。
下馬評やこれまでの戦いぶりからイラン代表の方に分があると言われていましたが、サッカーは対戦相手があってのものですし、実際に戦うまでどういう試合展開になるのかなんて誰にもわかりません。
チーム同士の相性や戦術、その日のコンディションによっても試合結果は大きく左右されます。
ホントにそれが良く表れた試合になりましたね。

前半は膠着した試合でしたが、後半に入って日本代表が大迫のゴールで先制。
その後も大迫・原口の追加点があって日本代表が勝利を収めています。

フォーメーション

日本代表とイラン代表のフォーメーションです。

4-2-3-1と4-3-3です。

試合の感想

日本は立ち上がりからトップの大迫を狙ったロングボールをよく蹴っていました。
たぶん、イランのセカンドボールの処理が甘いことを狙ってやっていたと思いますけど、日本代表の選手たちもセカンドボールへの反応が速くて、かなり効果的だったと思います。
やっぱり、大迫がボールの落下地点に入るだけでイランのCBはかなり処理が難しそうでした。
ホントに日本代表にとっては代えのきかない選手だなって改めて思いましたね。

それで相手のイランは攻撃時に4-3-3の形を作り、守備の時には4-5-1の並びにします。
プレッシングは慎重な感じで、ワントップの選手が日本のCBがボールを持った時に距離を詰めてきますが、中盤の5枚は縦へのパスコースを消すようなポジショニングを取ることが多くなっています。
日本のビルドアップはボランチの選手が1枚降りる動きをしますが、それに対しても特に反応することなく対応していたイメージになります。
これまで大量得点をしているチームですから、もっと守備もアグレッシブなのかなと思ってましたが、意外とそうでもなかったですね。
どちらかというと、この試合は日本代表の方が積極的に戦っていました。

まあ、全体的にイランは自陣のスペースを圧縮する守り方をベースにしてたので、細かくビルドアップすることにこだわらずにロングフィードを効果的に使うのはいい判断だったと思いますね。
もちろんロングフィードばっかりやってたわけでは無いですし、細かくつないでサイドの深いところまでボールを繋ぐ展開もできてましたから、序盤からいいパフォーマンスを披露していました。

あと、イラン代表は速いプレッシングにけっこう弱かったですね。
わりと日本にボールを追いかけまわされる動きをされるとキックミスすることが多かったですし、たぶんこれまで戦ってきた相手では受けたことがないようなプレッシャーにさらされたんでしょう。
(特にCBはミスが多かったですね)

全体的にこの試合の日本代表はプレー強度もイランを上回ってましたし、トランジションも速かったです。
それにプレーの集中が非常に高かったですね。
先制のシーンなんかはまさにそれが表れてましたし、あのゴールがイランに与えた精神的ダメージは結構大きかったと思います。

ホントに良くまとまったいい試合でした。
原口の止めの一撃もキレイでしたし、このまま決勝も頑張ってもらいたいですね。

そんなわけで、この試合の感想は

    普通に面白かった
    吉田と富安の安定感
    シックスパッドのCM無くなった?
試合結果

試合は3-0で日本が勝利。

会場:ハッザーア・ビンザイード・スタジアム

・得点者

    後半11分 日本:大迫(南野)
    後半15分 日本:大迫
    後半46分 日本:原口(南野)

*()内はアシスト

・交代者

    日本代表
    後半15分 遠藤⇒塩谷
    後半28分 酒井⇒室屋
    後半44分 堂安⇒伊東
    イラン代表
    後半13分 アミリ⇒アンサリファルド
    後半26分 ジャハンバフシュ⇒トラビ
    後半26分 デジャガ⇒ゴッドス
スタッツ
JAP IRA
ボール支配率(%) 56 44
シュート数(本) 7 11
枠内シュート(本) 4 3
パス本数(本) 334 290
パス成功率(%) 65 76
ハイライト

⇒チャンピオンズリーグ・コパアメリカ観るならDAZN!

DAZNの使いやすさ、メリット、デメリット

⇒最新記事はこちらから

最新記事一覧

⇒有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はフォーメーション一覧から検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ