アジアカップ2019決勝の日本代表 対 カタール代表の試合が行われています。

この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツ・ハイライトをまとめています。

ここまでクリーンシートの試合を続けているカタール代表と決勝戦で当たることになった日本代表。

実はカタール代表は帰化した選手が多く、数人の選手たちはアジアカップへの出場資格がないんじゃないか?なんて話もありましたが、試合自体は無事に行われています。
(カタールにどういう処分が出るのか?は不明ですが)

まあ、日本代表としてはそんなこと関係なしにイラン戦で魅せたパフォーマンスを披露してもらえれば、、、ってところだったんですが、やっぱり対戦相手との相性などもあってかいい試合内容にはなりませんでしたね。

相手の攻撃陣のパフォーマンスは素晴らしかったと思いますけど、もう少しやりようがあったのかなとも感じています。
3失点もしてしまったら負けてしまうのは仕方なかったですけど、カタールには普通に勝てると予想してただけに残念な結果でしたね。
(ただ、カタール代表は規定に違反している可能性があるんで、優勝が取り消されるかもしれません)

フォーメーション

日本代表とカタール代表のフォーメーションです。

4‐2‐3‐1と3‐4‐3です。

試合の評価と感想

カタール代表は守備の時に5‐3‐2の構えを取ってましたが、前線からプレスをかけるときはWGの選手が前に上がって3枚でフィルターをかけるような戦い方でした。

ハイプレスまでとは行きませんが、日本に対してわりと積極的な姿勢を示してきたのがカタール代表ですが、19番のアリや11番のアフィフは予想以上にスプリントが速くてびっくりしましたね。
(先制後はリトリート(後退して守る形)気味で5‐3‐2に構えてました)

これまで戦ってきた相手ではサウジアラビア以外はCBに余裕を持たせてくれてましたが、日本のロングフィードを警戒してか、吉田や富安のところへの寄せがかなり速かった印象があります。

大迫のところにもきっちりカバーリングに入る意識が高かったですし、イラン戦から日本代表の戦い方を分析して対応してきたのは間違いありません。

ただ、相手の中盤が3枚で構成されていることから、彼らの脇にはスペースが空いてきます。

最初のプレッシャーさえカワすことができれば攻撃の組み立て自体はそんなに難しくなかったと思いますが、もともとそのスペースを使うためのポジショニングが上手くできていなかったのが立ち上がりからの日本側の問題でしたね。

実際に後半に入ってからはその部分を狙って攻撃を組み立てることができていましたが、前半からこれができていれば、、、っていう思いはあります。

そして、この試合は日本側の守備対応がかなり難しかった感じです。

相手は攻撃の時に3‐4‐3にしますから、サイドで数的優位を作りやすいです。

たぶん立ち上がりの日本代表選手たちはサイドでボールを持たれる分には”ある程度それを捨てて”中央のスペースを圧縮する意図があったと思いますけど、11番のアフィフにクロスボールを上げらて失点してしまったことで、その後の対応に迷いが出てきてしまったところがあります。

時間が経つにつれてカタールに中央の縦パスを通されてしまうシーン(サイドを気にしすぎて)が目立ってきてましたし、アタッカー陣の足が速いことからなかなかプレスに行けない中途半端な対応になっていったのは明らかです。

それにイラン戦では拾えていたセカンドボールもこの試合では全く拾えず、ロングフィードのミスや相手にインターセプト(パスカット)されるようなショートパスのズレなど、日本側のミスも立ち上がりから多かった印象はあります。

早々に先制点を許してしまったことでその後の展開が苦しくなった、、、っていうのが大まかな流れでしょうが、ちょっともったいない内容だったこともいなめません。

前半の途中から南野のポジショニングを相手のCBと中盤の間にするように森保監督は指示を出していたと思いますけど、欲を言えばピッチにいる選手たちの判断でもっと早く変更してほしかったなっていうのが正直な気持ちです。

カタールは中2日での試合でしたし、後半に入ってから疲れが見えたところもありましたが、なんだかんだで最後まで逃げ切りました。

まあ、日本代表もなんとか1点は返していますが、ホントにカタール代表は強かったですね。

というわけでこの試合の感想は

    クラッシャー吉田
    武藤と大迫はいいコンビな気がする
    権田のセーブはほぼ無かった
    テレビ解説がお葬式みたいな雰囲気
試合結果

試合は1-3でカタールが勝利。

会場:ザイード・スポーツ・シティ・スタジアム

・得点者

    前半12分 カタール:アリ
    前半27分 カタール:ハティム
    後半24分 日本:南野(大迫)
    後半38分 カタール:ブディアフ

*()内はアシスト

・交代者

    日本
    後半17分 原口⇒武藤
    後半38分 塩谷⇒伊東
    後半44分 南野⇒乾
    カタール
    後半16分 フーヒ⇒アルハジリ
    後半29分 アルハイドス⇒ブディアフ
    後半50分 アリ⇒アラーエルディン
スタッツ
JAP QAT
ボール支配率(%) 59 41
シュート数(本) 13 9
枠内シュート(本) 2 3
パス本数(本) 506 308
パス成功率(%) 80 77
ハイライト

⇒Jリーグや欧州サッカーを観るならDAZN!
 DAZNに興味がある方はこちらの記事がおススメです。

DAZNの使いやすさ、メリット、デメリット

⇒最新記事はこちらから

最新記事一覧

⇒有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はフォーメーション一覧から検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ