もともとこのサイトを始めたのは日本代表について「あーだこーだ」と言いたかったから、、、なんですよね。
とはいえ、欧州サッカーも好きなので、代表の記事ばかり書くわけではありませんので。

というわけで、現在の日本代表について思うことを書いてみようと思います。
関係ないけど、ハリルさんは知り合いのおじいちゃんにめっちゃ似てるから親近感が湧きますねんw

~スポンサードリンク~

ザッケローニ監督時代

恥ずかしながら、実はハリルさんが日本代表の監督になってからの試合ってすべて見ているわけではないんです。
(アギーレに至っては全く見てませんw)
そもそもサッカーを見る時間もない状況がここ3年ぐらい続いていたので、W杯最終予選のホームでのイラク戦まで日本代表がどういう状態になっているのかをまったく知りませんでした。

ちなみにそれ以前に代表の試合を見たのはザッケローニ監督時代の2014年ブラジルW杯が最後だったと思います。
ザッケローニ監督時代の時の僕は日本代表の試合を観て、普通に「すげえな~」って感じてました。
パス回しもダイレクトで綺麗につながるし、それがアジアだけじゃなくて強豪国相手でも同じようにボールを回せていたし、守備面でも今より安定していたような気もします。
(まあ、守備に関しては微妙なところですかね)

特に僕の中で印象に残っているのは本田選手でした。
フィジカルが強くてボールロストしないし、ゴール前でも落ち着きがあってシュートもうまいイメージ。
彼を筆頭に日本人選手が欧州の強豪リーグでスタメンになってて、世界のトップレベルの選手たちと渡り合えている状況でしたし、いろいろと勝手に感心してました。

~スポンサードリンク~

日本人らしいサッカー

ザッケローニがやってたサッカーっていうのは攻撃的なサッカーだったと思います。
(当時の映像をフルタイムで見返すことはありませんから、あいまいな表現にはなってしまいますが)
そして、その攻撃的なスタイルのコンセプトが「日本人らしいサッカーを追求すること」だったと思います。

細かいパスを正確につないでいきながら、相手を崩していくスタイルをやろうとしていた感じです。
(それが日本人らしいか?と言われれば、微妙なところなんですけどね)
まあ、当時の僕は日本サッカーが目指す先がその方向性で正しいと思っていたし、実際、強豪国相手にパスをガンガンダイレクトでつないで崩していくのは、観ていてものすごく面白かったし、「日本代表強いな~」と感じていましたね。
特にW杯前の欧州遠征でオランダとやった時のゴールなんて圧巻でしたもんね。
(本田のゴールですが、強豪相手に決めたゴールの中で一番キレイかもしれません)

ハイライトはこちら。

正直、僕としては2014年ブラジルW杯はかなり期待していました。
ベスト8、ベスト4ぐらい、ホントに行っちゃうんじゃないかと思ってましたし。
結果的に初戦のコートジボワール戦に負けて、挽回できずにグループリーグは敗退になってしまいましたが、それでもザッケローニ監督が日本代表の指揮官になったのは当時は間違いじゃなかったと思ってましたね。
(今はそうでもないんですけどねw)
とはいえ、初戦のコートジボワール戦でもコロンビア戦でも、日本の守備の甘さがあったから勝てなかったわけなんで、、、
そこは現実として日本サッカー界に突き付けられたものになりましたね。

まあ、そんな感じでそこから一切日本代表の試合は見ていませんでした。
で、久しぶりに見たのがロシアW杯最終予選のホームでのイラク戦だったわけです。

なんて日だ!!

最初に試合を観た印象としては、、、
めっちゃ面白くなかったし、なんか”もっと日本代表はやれるだろ!”みたいな感覚になりましたね。
やっぱりザッケローニ時代のスタイルと比較するとそうなっちゃいます。

まあ、日本代表の中心メンバーはザックジャパンから変わってなかったんですが、ここまでグダグダなサッカーになるものかと…
主力選手のパフォーマンスの低下というのがあるにしてもひどすぎた印象ですね。

それで選手個々で見たときに、、、
パフォーマンスの低下っていう部分でいうと、本田選手が一番ひどかったです。
アジアレベルの選手に対してボールを失う場面があったりとか、ゴール前であわててシュートにもっていってしまったり、僕としてはかなりショックでしたね。

まあ、このイラク戦は日本のパフォーマンスの低さに驚愕してて、後半ロスタイムに山口蛍選手が勝ち越しゴールを決めましたけど、素直に喜べませんでした。

次回に続きます。
その記事はこちら。

ハリルさん大丈夫か?その➁