今回も前回に引き続き、今の日本代表がどういう状態なのかってところについて、個人的な見解を書いてます。

前回の記事はこちらです

で、現在の日本代表のフォーメーションは4-3-3です。
それで、大雑把にチームが攻撃的か守備的かを判断するのに、ディフェンスラインの人数で判断することがあります。
昔から一般的に4バックって攻撃的なチームが取ることが多かった布陣になってます。
まあ、今となっては一概にそうだって言えるチームも少なくなってきてるんですが、そう言われてきてた理由としては、、、

4バックでサイドバックの選手が攻撃参加すると攻撃に厚みが出ますが、後方に残る選手っていうのはその反動で減っちゃうことになります。
攻撃をする際には当然カウンターを食らうリスクもあるわけで、危ない時にはディフェンスラインに2枚しかいない状況、、、なんてこともあります。
それで3バックだと基本的にディフェンスラインには3枚残りますので、まだ失点のリスクは減らせます。
そういうところで、4バックと比べると3バックは守備的な印象が強かったんでしょうね。

~スポンサードリンク~

本題に戻って、、、

それで日本代表のパフォーマンスはどうなのか?って部分について書いていきます。
チームの状態がいいのか・悪いのかを判断するために、僕としてはそのチームの守備をよく見ます。
これには理由があって、、、

サッカーの場合、攻撃は個人技で何とかなることもありますが、守備の方は組織で連動しないと簡単にやられちゃいます。
「個の力」とかよく言いますけど、それは攻撃の部分だけであって守備の局面ではあまり聞かない言葉です。
守備のシチュエーションでも、局面では確かに個人の話になるんですけど(1対1のマッチアップとか)、全体で見れば連動していないといけません。

それにこれは僕のイメージなんですが、いい守備ができているチームはその流れのままいい攻撃を展開してくることが多いです。
まあ、チームによるところもあるんですが、この見方っていのはあながち間違ってないことが多いです。

というわけで、僕が久しぶりに見ることになった日本代表の守備について書いていきます。

~スポンサードリンク~

日本代表の守備は?

僕が見た日本代表の印象としては、守備の部分ではハイプレスをベースにしていました。
高い位置から相手にプレシャーを与えて、パスコースを限定し、インターセプトだったり、1対1でボールを奪取するイメージです。
ショートカウンターを狙う感じですが、ボールを奪取した瞬間から攻撃に移れるので高い位置であればあるほど、得点する可能性が上昇します。

で、高い位置からプレスをかけることと積極果敢にボール奪取を狙っていくので、前線の選手や中盤の選手までしっかり走ってプレスをかける必要があります。
ですので、当然FWの選手でもかなりのスタミナが必要ですし、特に3トップの両サイド(ウイング)は上下運動が激しく、しっかりとしたフィジカルコンディションが求められます。

また、その中でハリルさんが求めているのが「デュエル」の部分であり、高い位置からしっかり相手選手に体をぶつけて、相手がボールをキープしづらい状況へ追いやることも狙いの一つです。
体をぶつけたときにボールを奪取できればそれでいいですし、仮に無理だったとしても相手がミスしやすくなっていて、甘いパスをインターセプトすることも狙えます。

まあ、前線の選手から「よーいドン」でプレッシングがスタートしますが、前線の選手だけが走り回っててもあまり意味がありません。
相手もボールを動かしてくるので、FWの選手がボールに対してアプローチを開始したら、両WGだったり、中盤の選手は相手チームのパスの出し所を予測しながら、先行してその場所にアプローチをかけたり距離を詰めたりする必要があります。

ハイプレスの弱点

それでハイプレスについてはいろいろと書いてきましたが、この守り方にも弱点があります。
どこかで綻びが出始めると、割と守備は崩壊しがちです。
ボールを持っている相手に対してアプローチに行った選手が普通にカワされてしまったりとか、アプローチに行った選手以外のところで他の選手が事前に動けておらず、相手にフリーでボールを受けられてしまったりとか。
まあ、守備の時に多数の選手が相手選手に合わせて動き回るので、結果的にそれが相手チームにスペースを与えてしまうことにもなるわけです。

そのスペースを相手に有効活用されてしまうと、意外とあっさり失点することも少なくありません。
結局、ハイプレスをする上ではいかに運動量を落とさないか、ボールを追いかける選手と周りの選手が連動できるか、ボールの出し所に対していいポジショニングができるか、そういった部分が大事になってきます。

次回はここ最近の日本代表の試合を例にあげてその守備がちゃんとできていたか?を考えていきます。

続きはこちら!
ハリルさん大丈夫か?最終章