17/18チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのバイエルン・ミュンヘン 対 レアル・マドリードのマッチレビューです。
昨日のリバプール対ローマもいい戦いでしたが、こっちはもっとハイレベルな試合が期待できます。

ちなみに昨シーズンも両者は準決勝で激突しています。
その時はレフェリングのことでいろいろと揉めましたがレアルが勝ち抜けてます。

で、バイエルンはブンデスを制覇。
レアルは優勝できないことが決まってますので、リーグ戦はターンオーバーして余力を残すことができてます。
シーズン序盤は両方とも調子が上がらず、バイエルンはアンチェロッティを解任。
レアルはジダン監督が”続投”と、その辺はクラブの対応が違っています。
(ちなみにグループステージは両方とも2位通過)

まあ、ホントにどっちが勝つかわからない試合ですし、そもそもどちらがボールを支配するのかも読めません。
そんな注目の試合をまずはフォーメーションから見ていきます。

セカンドレグのレビューはこっち

フォーメーション

バイエルン・ミュンヘンとレアル・マドリードのフォーメーションです。

4-3-3対4-5-1(4-3-3?)です。

バイエルンは現状のベストメンバーでしょう。

レアルのバスケスの起用は中盤の強度を上げるためでしょうかね。
(攻撃と守備においても)

全体の印象と試合展開

バイエルンのホームゲームということもあってアウェーのレアルがどういうスタンスでこの試合に臨むのか?が予想できなかったんですよね。
実際のところはレアルが前線からプレッシングを仕掛ける感じにはなりました。
(というか、いつもより積極的な感じでした)

球際はかなり激しくなってましたし、ファールも多かったですね。
それでロッベンがケガで早々に離脱します。
ここはバイエルンにとっては想定外でしたし、試合展開に響くことになります。

展開的にはバイエルンがなかなかゲームのリズムを作れず、レアルに主導権を握られる感じでした。
バイエルン側は攻撃にかなり苦労してましたし、逆にカウンターからピンチになりそうになったりと、危ない雰囲気はあったんですけどね。
ただ、そんな状況の中でもバイエルンが先手を取ることになります。

縦パスからキミッヒが抜け出してそのままシュート。
それまで決定機ほぼ無かったと思いますけど、一発で先手を取ることになってます。

で、スコアが動いてからはバイエルン側のリズムが良くなって猛攻を仕掛けます。
レアル側は結構ギリギリで凌いでましたけど、ここを辛抱できたのは大きかったでしょうかね。
マルセロのボレーシュートでレアルが同点。
前半は1-1で折り返し。

後半は互角の展開でしたけど、レアルが逆転に成功します。
ラフィーニャのパスをインターセプトされてから最後はアセンシオ。
ミスを突かれた格好ですが、ちょっともったいない失点にはなってます。

結局、これが決勝点になったんですけど、試合が終了するまでレアル側の集中が高かったです。
強かったな~レアル。

攻め手を欠いたバイエルン

リーグ戦6連覇のバイエルン。
まあ、ハインケスさんはやっぱりすごいんですな。
最近のリーグ戦ではゴール数も伸びてますし、このチームはまったく死角が見当たらない印象です。

とはいえ、この試合は本来の強さが発揮されませんでしたかね。
アンチェロッティ自体と比べると今のバイエルンは攻撃の時でも基本的なポジションは変えません。
それに対して相手のレアルがマンマーク気味で”人”を抑えに来てたんで、序盤からビルドアップに苦労するシーンが多かった感じです。

ボールを動かして揺さぶりをかければ前線にスペースが生まれてくるんですけど、相手のレベルも高いんでそれをやるのが難しかった感じです。
相手がマンマーク気味っていっても完全に付きっ切りではありませんし、要所要所ではいいポジショニングをしてきますんで。

まあ、レアルとは違って中盤で縦の推進力があるドリブラータイプの選手は置いてませんし、高速カウンターを仕掛けるのも難しかった感じです。
やっぱりこのチームの特徴は両サイドですし、中央にレバンドフスキがいて、変幻自在のミュラーってイメージです。
ただ、その攻撃の起点が作れないとどうにもならないですし、その部分では苦労してました。

カルバハルが結構飛び出してアプローチに行ってたんで、そこの空いたスペースをもっと使えればよかったんでしょうけどね。
途中、リベリーのところにボールが行くようになってからはかなりリズムが良かったんですけど、そこで追加点を奪えずレアルに同点にされてしまったのがこの試合の流れを決めちゃいましたな。
トランジションは早かったですけど、球際のところはレアルに押されてましたし、この試合結果も仕方ない気がします。

相手に合わせたレアル

準々決勝を勝ち抜けしたとはいえ、ユベントス戦はギリギリまで追い詰められてます。
そこからのリーグ戦も調子が上がってませんでしたし、少しの不安はあったと思いますが、この試合に関して言えばかなり効率よく戦えてます。

この試合は4-5-1のフォーメーションですけど、守備の時はボールの位置によって2列目から対応する選手が前に上がった4-4-2の構えになってました。
バイエルンのビルドアップを妨害するためにアンカーであるマルティネスをとりあえず抑えておきたかった感じですし、ショートカウンターからチャンスメイクを狙った格好です。

バスケスを起用したのはたぶんこの構え方にしたかったからでしょうし、PSG戦から中盤をフラットに並べるのはバランスがいい印象です。
全体的にマンツーマン気味で対応するシーンが多かったですし、相手の攻撃を力づくで抑えたかった感じでしょうか。
試合展開的に考えるとこの戦い方はかなりハマってましたし、バイエルン相手にベストな選択だったとは思います。
(実はジダンがこの戦術を考えてるわけでは無いみたいですけど)
ただ、失点シーンはこのやり方が裏目に出てしまった感じはありましたけどね。

後は、攻撃面ではバイエルン同様に苦労してました。
メインはカウンターになりますけど、バイエルン側のプレスバックも速かったし、ロナウドが相手選手に囲まれてる、、、みたいなシーンが山ほど。
まあ、守備に比重を置いたスタンスでしたし、この辺はある程度しかない感じはありましたかね。

それにしてもファールギリギリのタックルをよくやってましたし、インテンシティは相当高かったです。
そこの勝負で有利に立てたからチームとして主導権を握る時間が長ったとは思いますし、ホントにいい戦いでしたね。
効率よくアウェーゴールも奪えましたし、気持ちよくホームゲームを迎えられます。

試合結果

試合は1-2でアウェーのレアルが勝利。

得点者
前半28分 バイエルン:キミッヒ
前半44分 レアル:マルセロ
後半12分 レアル:アセンシオ

交代者
バイエルン
前半8分  ロッベン⇒ティアゴ
前半34分 ボアテング⇒ズーレ
後半30分 マルティネス⇒トリッソ

レアル
後半1分  イスコ⇒アセンシオ
後半22分 カルバハル⇒ベンゼマ
後半38分 カゼミーロ⇒コバチッチ

ハイライト

ゴールシーンです。

改めて、こいつらはスゲー

レアルが守備を意識した戦い方を展開してくれたおかげで、全体的に締まったいいゲームでした。

僕はライブでやってる試合も記事を書きながら観てますけど、大体前半終わるころにはチームの印象も書き終わってますし、後半はちょっと修正しながらゆっくり試合を観てます。
まあ、なんでかわかりませんけど改めてここでやってる選手たちはスゲーな~って感じました。

チャンピオンズリーグは世界最高峰ですし、選手たちの意気込みも全く違います。
何気ないプレーにも相当レベルの高さを感じますし、球際も相当激しい、、、いや~面白かったですね。
(ラモスのフィードとか上手すぎてシビれる)
セカンドレグも楽しみです。
というわけでまた次回!!

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ