オールドトラフォード

ユナイテッドとレスターのマッチレビューです。
今まで不思議とユナイテッドのレビューはしてこなかったんですが、今回はレビューします。
ユナイテッドは開幕2連勝と調子がよさそうです。
一方のレスターは前回の試合を岡崎慎司のゴールで勝利しています。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

両チームのフォーメーションです。

フォーメーション

両チームとも4‐2‐3‐1です。
レスターは岡崎が先発しています。

鉄壁のレスター

ユナイテッドの攻勢にレスターが受けてといった試合展開になりました。
で、立ち上がりはユナイテッドの攻撃陣にレスターの守備陣が振り回されているシーンがあったんですが、途中から落ち着いて対応できていました。
ユナイテッドは前からプレッシングをかけていましたし、基本的に人についているディフェンス(マンマークっぽい)でした。
そんな中でもレスターがボールをもった時には、しっかりパス回しできていたし、チャンスもいくつか作れていました。

ただまあ、やっぱりレスターの守備が堅かったですね。
レスターは守備の時に4‐4‐2で、4‐4の8枚がかなりコンパクトの守備ブロックを形成していて、その前を岡崎がボール狩りに走り回っている感じです。
とりあえず、8枚の集中力が高かったし、キーパーのシュマイケルも安定していましたね~

ユナイテッドはポゼッションがかなり高く、サイド攻撃がメイン(特に右サイド)でした。
で、中盤の3人(マルシアル・ムヒタリアン・マタ)はちょこちょこポジションチェンジをしながら攻撃をしていましたね~
ただレスターもそれに対応していたので、試合が動かない感じになってました。
でもユナイテッドのミドルシュートは結構強力な印象です。
(特にポグバのシュートはだいぶパンチ力があった)

ポグバ

後半の展開

それで、前半はスコアが動かず、0‐0で折り返します。
後半に入っても流れは変わらず、すごく緊張感がある試合です。
ユナイテッドはどうやって点を取るのかな~って考えていたら、ユナイテッドに大チャンス。
レスターディフェンダーのハンドで、PKゲット。

キッカーはルカクです。
膠着した試合だっただけに、このPKはかなりでかいです。

が、このPKはレスターキーパーのシュマイケルにファインセーブされます。

シュマイケル

失意のユナイテッドでしたが、後半25分に先制点をゲットします。
コーナーキックから途中出場のラッシュフォードがゴール。
ユナイテッドにはかなり大きい先制点です。

ユナイテッドは後半37分にも追加点を上げます。
またまた途中出場のフェライニです。
この2点目でほぼ勝負ありです。
それで試合はこのまま終了、2‐0でユナイテッドが開幕3連勝です。
(↓はハイライト)

優勝争いは

ユナイテッドにとっては難しい試合でしたが、きっちり点をとって勝利できましたね。
まあ、リーグ優勝狙うんであればきっちり拾っていかないといけない試合だとは思いますが、レスターの守備が非常に良かったので、結構苦しみましたね~
まあ、同じマンチェスターのユナイテッド、シティが優勝争いすることになるだろうと個人的には思ってますが、モウリーニョとグアルディオラは戦術に対する考え方が180度違うので、面白いシーズンになりそうです。

モウリーニョ

やっぱプレミアは観客席とピッチが近くて、いい雰囲気ですね~
いつかみたいな―とは思ってるんですが、一人で行く勇気はないので、一緒に行ってくれる人を探したいと思いますww

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”