今回はVARが運用されるようになった理由について書いていきます。
まず、VARっていうのはビデオアシスタントレフェリー~Video Assistant Referee~といいます。
サッカーの試合(ピッチ)には主審・副審(2人)と第4の審判がいます。

彼らはサッカーのルールに則り公平なジャッジを心掛けているわけなんですが、人間なので時にはミスをします。
まあ、VAR制度っていうのはそういったレフェリへーのサポートを目的としたシステムで、国際大会では今回のコンフェデ2017で、初めて導入されたものになります。
(その前はクラブワールドカップ、ちなみにロシアワールドカップでは採用されるかも、、、という話が)

それで17/18シーズンにおいてはセリエAとブンデスリーガでVAR制度が運用されるようになってます。

というわけで、軽くVAR制度の説明をしつつ、その必要性について触れていきます。

~スポンサードリンク~

VAR制度について

VARと呼ばれる立場の人は1試合につき2人います。
彼らは試合が行われているピッチ上にはおらず、別の場所でモニターチェックをしています。
ジャッジが際どかったり、難しかったりするシーンにおいてはその都度”ビデオレビュー”を行っています。

それでそのレビューの結果と試合中の主審の判定とにもちろん差は出ますが、それをいちいち報告しているわけではありません。
VARの介入においては「試合展開を左右するような状況において、”明確な誤審”が認められた時」と限定しています。
つまりは、試合に影響がない範囲の誤審については”基本的にスルー”するというスタンスなんです。

まあ、これらを踏まえたうえでサッカーにおけるレフェリングの難しさについて書いていきます。

審判がミスると試合が決まる

サッカーを経験していた方やそれなりにサッカーの試合を観続けている方にはわかってもらえると思いますが、サッカーにおけるレフェリングってかなり難しいです。
誤審なんて細かいものを入れればそこそこありますし、選手や監督も自分たちに不利な判定になったとたん、騒いだりするわけです。
ひどい誤審をすると、それが原因で試合の結果が決まっちゃうことも十分あり得ます。

それにそうやって試合が決まってしまった日には、メディアも含めて相当騒がれてしまうので、レフェリーにかかってくるストレスっていうのはかなり大きくなります。
しかも、それ以外にもしんどいことはあって、、、

~スポンサードリンク~

審判もめちゃ走る

サッカー選手って22人いますけど、基本的にそれを3人(主審+副審2人)でジャッジしているわけです。
(ゴールラインテクノロジーとかありますけど、今回は触れません)
基本的にサッカーの試合はボールが中心となって動きますので、全員を見る必要はないわけなんですが、、、

まあ、当然のことながらボールは追いかけないといけません。
それで、サッカーって基本的に展開が早くて、ボールもよく動くので、それに合わせて審判も走り回る必要があります。
だからまず、サッカーの審判って走れないとできないんですよね。

実際に審判のライセンスを取るには、持久力のテストもありますので走れないと話にならないわけです。
まあ、審査員とか審判が動き回る競技ナンバーワンはサッカーだと言えます。
ちなみに審判が走り回る範囲は↓の図みたいな感じです。

審判範囲

きっちり見ることから難しい

ボールを追いかけながらジャッジをするわけですが、ホイホイとボールに近づいていいわけではありません。
基本的にボールの周りには選手が密集しているし、近づきすぎると選手たちのプレーを妨害してしまうことになります。
だから、ボールの動きは追いかけるけど、近づきすぎず、かつボールがよく見える位置へ常にいる、そんな必要があります。

↓がこの前のチャンピオンズリーグの決勝のハイライトですけど、審判の動きに注目していただくと、言ってる意味がよくわかると思います。

それで、サッカーのプレーっていうのは切れることが少ない(休憩時間がない)ので、かなり長い時間集中が必要だったりします。
気を抜いていたら、まったく見てなくて、誰かが痛がっていた、、、なんてこと、僕は昔よくやらかしてましたw

まあ、そもそも審判も人間なので、物理的に見えないことなんてよくあります。
それでも、副審もいるのである程度は相互で確認はできるんですけど、見えないときはあります。
ホントにわからないときは、カンとか雰囲気でジャッジしている人も実際はいるはずです。

結局、裁量が必要だし

それに付け加えていうなら、ファウルの判定自体が結構あいまいです。
相手にボールを保持されている状態(ドリブルしている)に、そのボールを取りに行くためにショルダータックルすることはルール上問題ありません。
仮にそのタックルで相手を倒してしまってもファールにはなりません。

ただ、ボールに行かずに相手をタックルで倒してしまうとファウルになります。
この辺が結構あいまいな感じで、その日の審判の裁量(審判の感覚)でファールになったり、ならなかったりします。

で、それ以外にも、、、
当たり前ですが、サッカーはGK以外のフィールドプレイヤーは手を使ってはいけません。
これはボールに対してもなんですけど、相手選手を手で押したり、ユニフォームを掴んだりしてもいけません。
でも、テレビで見ていると、みんな手を使いまくってますよね?
つまりは、この部分も審判の裁量で判断されているわけなんです。
あからさまに相手を手でつかみまくっていると、さすがにファールになりますが微妙なものなんてのはいっぱいあります。

他にもありますけど、例えばボールに対して「手は使ってはいけないけど、肩はオッケー」みたいなやつ。
どこからが肩やねん!」って感じで、この辺もあいまいなジャッジが多くなってますかね。

まあ、主審が大変なのはこれぐらいですかな。
ある意味サッカーと誤審はセットみたいなものなので、観ている方としてはそれはそれで楽しめたりもするんですけどね。
ただ、主審としては自分のジャッジを責められたりすると辛いところもありますわな。

え~、そんな感じで次回は副審についてもじっくり書いていきます!

続きはこちら
VARについて➁

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ

 
~スポンサードリンク~
     

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください