ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸に対して”にわか”の僕が、成績の振るわないこのチームに勝手にメスを入れたいと思います!
まあ、関係者がこのブログを見るわけないけど、「ポドルスキ」というビッグネームを入れたヴィッセルが、失速していていいわけがありません。
大金を投資したからには、ちゃんと成功例を示さないといけないし、ホイホイ失敗してたら、他のクラブも大型補強に慎重にならざるを得なくなります。

今後、Jリーグが盛り上がって、世界基準のリーグになるためにも(特に中国リーグには勝たないといけない)ヴィッセルには巻き返してもらう必要があります!!


-------スポンサードリンク-------

前線を軸に陣形を考える

まずはポドルスキをどう使うかっていう部分から決めていかないと始まりません。
今までは2トップの左や1トップを任されていましたが、そもそもポドルスキは「9番」タイプの選手ではありません。
ディフェンスラインの背後を狙うのは当然として、中盤まで下りてきて、ボールを受けてから周りに捌いて、スペースに走り出して、もう一度受けてシュートを狙う、そんな感じの選手です。

そもそも「ポドルスキ」ってネームバリューだけで、マークが厳しくなるうえに、前線のターゲットマンにするのは結構無理があります。
だから、ターゲットマンは別に作っておいて、ポドルスキはシャドーで使うのが非常に有効です。
まあ、ターゲットマンは「ハーフナー・マイク」でいいと思います。

ハーフナー

それで、渡邉 千真は使わないといけませんので、必然的に3トップになりますね。
ハーフナーをセンターにした2シャドーです。
ポドルスキと渡邉 千真はポジションチェンジを繰り返しながら、チャンスメイク・フィニッシュと仕事をします。

~スポンサードリンク~

具体的なフォーメーション

具体的なフォーメーションの話をします。
3トップにしなきゃいけない時点で、「4-3-3」か「3-4-3」になります。

要するに、3バックにするか、4バックにするかなんですが、これはどの選手をどこに当てはめるかで変わってきます。
個人的にはできるなら3バックにした方がいいと思います。
なぜなら守備面が安定して、全体的なバランスがいいからです。
ただこれは、守備力が安定したセンターバックタイプのディフェンダーが3人必要なので、今まで4バックだったヴィッセルに対応できるかどうかはわかりません。

僕が”にわか”って言っているのはこの部分で、前線の選手以外、個々の能力をきちんと把握していません。
いずれかの陣形でいいので、3トップで2シャドーの形をとってもらいたいのです。

どう戦うのか?

プレッシングを激しくかけていくのは今まで通りでいいと思いますが、高い位置からのプレッシングはやめます。
ディフェンスラインもそこまで高く設定せずに、守備ブロックをコンパクトに保ちます。

それでここからは3バックで考えますね。

フォーメーション

イメージはこんな感じですね。
ウイングバック(WB)が結構重要ですかね~
できれば、キックの正確性がほしいところですね。
(ロングフィード、クロスと)

カウンター時

カウンターが狙える状況で、ボールを奪ったときには2シャドーが相手ディフェンスの背後をまず狙うようにします。
だから、自チームが守備の時はシャドーは比較的高い位置を取る必要がありますね。
シャドーが背後を取れたら、そのままシュートまでもっていくか、残りの2枚が上がってくるのを待って、クロスを上げるか、って感じですね。

ビルドアップ

それで、カウンターが狙えないときはビルドアップしていくんですけど、これはロングボール主体の攻撃です。
ターゲットマンのハーフナーを狙ってロングフィード、それのセカンドボールを2シャドーが拾いキープする、それで上がってきたウイングバックに展開、ウイングバックがサイドをえぐってクロスを上げる、こんなイメージです。

以前の試合レビューで、「このチームはパスワークが下手だ」といいましたが、もう始めからパスワークは放棄します。
ロングフィードとプレッシングで戦うイメージです。

ハーフナーを有効利用

そもそもオランダで結構点を決めていたハーフナーの高さって、Jリーグでも余裕で通用するし、それを軸にチームの陣形を考えるのは不自然ではないと思います。
というか、ポドルスキに点を取らせるんじゃなくて、ハーフナーに点を取ってもらう方がチームの攻撃としてはスムーズになるはず。

Jリーグって、選手間のレベル差ってあんまりないように感じます。
だからこそ、チームのとしての戦い方が、そのままチームのパフォーマンスとして表れています。
世界レベルの選手がきたからって、それをそのまま使ったところで、チームとして大して強くなるわけではありません。

今のヴィッセルはポドルスキをそのまま使っているだけです、、、
そのあたりが少しでも改善されればと願っています。

ヴィッセルの試合のレビューをすることが多く、その時に感じていたことを思ったまま書いてみました。
奇跡的にヴィッセル関係者が見てくれないかな~~
(まあ、無理やけどねw)

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”