2018年の国際親善試合である日本代表 対 ベネズエラ代表の試合が行われています。
この試合に関するフォーメーション・試合情報・解説・評価をまとめています。

FIFAランキング的にベネズエラ代表は格上の相手でしたが、日本代表はセットプレーから酒井宏樹がボレーシュートを決めて先制しています。
序盤からベネズエラ守備陣を攻略できず、苦しい時間帯が長っただけにいい先制ゴールだったと思います。

後半に入ると先制ゴールを決めた酒井宏樹が相手にPKを献上してしまいましたが、あのプレーは少しもったいなかったですかね。
結果的に引き分けの試合でしたが、個人的にはしっかり1-0でまとめてもらいたかったです。

フォーメーション

日本代表とベネズエラ代表のフォーメーションです。

4-2-3-1と4-1-4-1です。

ベネズエラの印象

この試合のベネズエラ代表は基本的に日本のボランチを絞りつつ、ボールを後ろに押し込めればマンツーマン気味でボールをハメに行く姿勢を保っていました。
押し込んだ時にはトップのロンドンと中盤の選手が少し高めの位置取りをしていて2CBにアプローチしていく感じです。
最終ラインはあまり下げずに全体をコンパクトに保つようにしていましたし、かなりバランスがよい構え方だったと思いますね。

それでビルドアップは細かくパスを繋いでいくよりかはロングボールを積極的に使う印象でした。
特にSBは高めの位置取りをさせていたりしたことから、サイドを起点に攻撃を組み立てたかった意図はあった感じです。
ポゼッションにこだわるよりかは縦への速さをかなり意識しているチームで、南米の強豪と渡り合っていくうえで堅守速攻の技術を磨いていったチームですね。

ロングボールでサイドにタメを作れたら、日本の守備陣が全体的に後ろに下がるため、中盤の選手(8番)がフリーになってきます。
そこにボールを展開してからサイドチェンジを狙ったり、または前線の選手が動きなおしてゴール前のスペースを狙ったり。
すごくシンプルな攻撃でしたが、ベネズエラ代表の連動がしっかりしていたため、序盤からシュートシーンを多く作れています。

日本の戦い方をよく研究した、、、というよりかはもともとこういうスタイルでサッカーをやっているんだと思います。
攻撃陣にはタレントも揃ってますし、ホントにいいチームでしたね。
結果的に失点したのはセットプレーの1つのみですし、ゴール際の体の張り方や切替の速さ、球際のところを見ていると真剣勝負をするとホントに手ごわい相手なんだな~って感想です。

日本代表

この試合の選手の並び方や戦い方はウルグアイ戦とほとんど変わりませんでした。
守り方も同じで基本的に大迫の下にいる南野がアンカーの選手をケアしていたイメージです。

それでこの試合で気になったのはサイドの守備です。
相手のサイドの選手が中央へ絞る動きをしたときには酒井や佐々木が飛び出していったりしますが、それによって生まれたスペースを誰が埋めるのか?ってところです。
普通は堂安や中島がプレスバックしてこのスペースを埋めていく格好なんですが、そこの認識のズレが少しあってベネズエラ代表にそのスペースをよく狙われていた感じでした。

それ以外では全体的にハイボールのところは不安だったかなと思います。
単純にヘディングで跳ね返すのは問題ありませんでしたが、セカンドボールの処理には結構苦労していました。
前半の早々に失点しそうになった場面も浮き球の処理を誤った格好でしたし、昔から日本代表はここがウィークポイントなんですが、選手が代わってもやっぱり心配なところはありますね。

攻撃面では決定機を作ってましたが、それでも全体的に思ったような展開が作れなかったと感じています。
ビルドアップは堂安・中島が幅をとって中央のエリアを南野がスライドして縦パスを引き出す動きをしたり、または2人が中央に絞ってSBが高い位置をとったりしますが、ベネズエラの守備陣が普通にいい連携が保っていたため苦労していました。
もちろん縦パスがすんなり通ればそこからチャンスメイクはできていたんですけど、普通にサイドに展開してもそこでノッキングを起こしてしまう場面が多かったです。

最初のシュートシーンは前がかりにボールをハメに来たベネズエラの裏をかいた格好でしたし、相手が前に出てくるとサイドの深い位置には絶対にスペースができます。
問題はそれ以外の場面でして、SBが攻撃参加して前に人数をかけていながらも最終的に中島や堂安の個人技頼みっていう側面が出ていたように思えます。
相手の最終ラインが高めの位置取りをしていたことから、単純にDFラインの背後に大迫や南野めがけてロングパスを狙う方がシンプルだけど効果的でしたね。

選手個人の話をすれば、この試合は南野の動きが良かったと思います。
まあ、攻撃ではなくて守備の話なんですけどね。

実は日本のカウンター対応でかなり効いてたのが南野なんです。
大体ファールで相手を止めることになってましたが、トランジションが速くてボールホルダーにしっかりチェックに行ってくれたのは日本代表にとってはかなり大きかったです。
自分がボールロストしたときはもちろんですが、それ以外の選手がミスしたときも彼はその仕事をこなしてましたしね。

今の代表のサッカースタイルにはこういった働きが必要不可欠です。
だからこそこの試合の南野の働きを見れたことは今後の代表にプラスになるはずですね。

試合結果

試合は1-1の引き分け。

・得点者

    前半39分 日本:酒井
    後半36分 ベネズエラ:リンコン

・交代者

    日本代表
    後半23分 中島⇒原口
    後半23分 大迫⇒北川
    後半32分 堂安⇒杉本
    後半32分 南野⇒伊東
    ベネズエラ代表
    後半20分 ロンドン⇒マルティネス
    後半20分 エレーラ⇒ロメロ
    後半20分 ムリージョ⇒ゴンザレス
    後半29分 マゴ⇒アニョル
    後半40分 マチス⇒コルドバ
    後半50分 モレノ⇒サバリノ
ハイライト


P.S.
有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ