18シーズンのJ1リーグ第14節である柏レイソル 対 川崎フロンターレのマッチレビューです。
Jリーグの試合は久しぶりにやりますね。

昨シーズン好調だった両チームが今シーズンは苦しんでます。
レイソルは連敗中、フロンターレはFC東京とのダービーマッチ?に敗れて勝ち点を落としてます。

そんなわけで両チームとも是が非でも勝ち点が欲しい試合になりました。
もうすぐワールドカップも始まりますんでチームの戦い方も含め、選手のパフォーマンスも気になるところです。

というわけで、まずはフォーメーションから。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

柏レイソルと川崎フロンターレのフォーメーションです。

4ー3ー3同士の対決です。

レイソルはいつの間にかクリスティアーノと江坂の立ち位置が変わってたんですね。
フロンターレは小林が先発。
それ以外は特に、、、って感じでしょうか。

序盤の流れ

チームのスタンスとか特徴を考えたときにこの試合を有利に進められるかどうかは、プレッシングやパスワークを含めて「どれだけボールを保持できるか?」ってところはありました。
レイソルもフロンターレも立ち上がりからハイプレスしてましたし、最終ラインも高めなんで全体的にコンパクトになってます。

それで守備の時はレイソル・フロンターレともに4ー4ー2気味に構える傾向がありましたかね。
両ワイドが下がってトップ下が前に残る感じです。
この辺も含めてチームのスタンスは結構似てますな。

まあ、細かい部分で違い(ビルドアップの仕方とか)があるにしても、チームが似たような戦い方をすると選手の能力差がそのまま結果に影響したりしますからね。
特に失点に直結するであろう両ワイド(ウイングとサイドバック)のマッチアップは序盤のポイントになってました。
そんなわけでレイソルはクリスティアーノ、フロンターレは阿部がいい動きをしてたと思います。
(まあ、それも始めの方だけでしたけど)

展開的には互いにチャンスメイクはできてた感じです。
ボールも一方的にどちらかが握っていたわけでもなく、いい勝負だったと思います。

伊東の先制点

序盤は積極的に行ってたレイソルですけど、しばらく経ってからプレッシングを制限するようになってます。
(ボールが高い位置にあれば当然プレスはかけるんですが)
もともとそれを考えていたのか、自然とそうなったのかはわかりませんけど、この辺からフロンターレがボールを握るようになっていきましたね。

それでここから気になったのがレイソルの球際です。
ブロックはキレイに組めてましたし、選手同士の距離間も悪くない、、、でも、ボールが奪えない、みたいな流れがちょっと続いてました。
ボケ~って見てても寄せが甘いのはわかりましたし、Jのレフェリングが厳しいとはいえ、もっと潰しに行った方がよかった気がしましたね。

ただ、スコア的にはレイソルが先制することになります。
右サイドからの展開で小池からの斜めのパスを伊東が反転してシュート。
このシーンは2人のプレーの質が高ったですな。
サイドチェンジで一瞬中央が空いたんですけど、ゴール前にボールを持って行くまでの時間がポイントでした。

小林の同点ゴールから

先制してからレイソルはもう少し引くような構えにしてました。
ブロックも4-5-1で中盤に一枚下げてましたし、ここは相手が入ってくるスペースを消そうとする意図があったんでしょうか。
まあ、先行してからの戦い方って結構判断に迷うことが多いんですけど、もっと積極的に行ってほしかったって思う人は多いんでしょうかね。

ただ、この構え方(考え方)が問題だったというよりかは「あれだけブロックを作って中央を固めているのに」結構パスを通されてしまう事の方が問題でした。
上にも書きましたが球際のところだったり、ボールが動いた時の寄せの判断、後は微妙なポジショニングのズレなど、フロンターレのレベルが高いとはいえ、もう少し相手のパスコースを制限できなければいけませんでした。
そんなわけで、試合を通してこの部分は気になりましたね。

前半はレイソルリード(1-0)で折り返し。
両チームとも戦い方を変えずに後半に臨んでいきましたが、攻勢をかけていたのはフロンターレの方。
その流れでフロンターレが同点に追いつきますけど、小林のミドルシュートは見事でした。
(ただ、やっぱりこのシーンでも少しレイソル側の寄せが遅れてるんですよね)

で、フラットな状況に戻っても試合の流れは変わってません。
まあ、レイソルは慎重でした。
とはいえ、ボールを支配された状況でもチャンスメイクはデキてましたけどね。

どちらも追加点を奪えず、試合は終盤を迎えることに。
そのまま引き分けで終わるのかと思いきや、フロンターレがアディショナルタイムに逆転ゴールを決めます。
交代で入った右SBの鈴木がものすごい高い位置を取っていて、左サイドからのクロスを頭で合わせてゴール。
家長は逆サイドで張ってたんで、PA内にいたのは小林とゴールを決めた鈴木です。
ちょっと変な形になってたんですが、これは監督からの指示だったんでしょうかね。

まあ、それにしてもよく逆転してます。

試合結果

試合は1-2でフロンターレが勝利。

ポゼッションはフロンターレが上回ってましたけど、シュート数とかは五分でしたね。
(16 対 17)

得点者
前半32分 レイソル:伊東
後半13分 フロンターレ:小林
後半47分 フロンターレ:鈴木

交代者
レイソル
後半40分 大谷⇒栗澤
後半44分 小泉⇒手塚
後半48分 江坂⇒ハモンロペス

フロンターレ
後半13分 阿部⇒長谷川
後半29分 守田⇒森谷
後半41分 エウシーニョ⇒鈴木

ハイライト

全体のハイライトです。

そういえば去年も、、、

この対戦カードは昨シーズンもレビューしてましたね。
確か台風が接近してて大雨の中で試合をやってましたけど、水溜りがありすぎてみんな滑ってたのを憶えてます。
まあ、この試合は快晴でよかったですなw

それにしてもレイソルは調子が上がってきませんね。
フロンターレに対してあの戦い方(消極的な)を選択したのは特に問題なかったですけど、ボールに対して消極的になってしまってはいけません。
ここはチーム全体で考え方を変えていく必要があるのかな~と思います。

そんな感じですかね、また次回!!