18/19チャンピオンズリーググループCのリバプール 対 パリサンジェルマンのマッチレビューです。

ついに今シーズンのチャンピオンズリーグが始まったわけなんですが、このグループは死のグループに分類されたことで一番注目されています。
そしてこの対戦カードです。

昨シーズンの準優勝チームであるリバプールと監督が代わって新しいスタートを切ることになったPSG。
両チームともリーグ戦では開幕5連勝を飾っていますし、この一戦に向けて勢いは十分だったと言えます。

個人的にはトゥヘル体制のPSGを観るのが今回初めてだったことから、難しいリバプールとのアウェーゲームをどういう戦法で臨んでくるのか?に注目していました。
実際には堅い入りをしてたPSGなんですが、スコアが動いたことでいろいろと激しい展開の試合になりました。

終盤にPSGが追いついた時にはそのまま引き分けで終わるのかと思いましたが、サッカーは最後まで何が起こるかわかりませんね。
まあ、内容的にはリバプールが押してたんで順当な結果だったと言えるんですが、2失点目のPK献上がもったいなかっただけにPSGには残念な試合になりました。

フォーメーション

リバプールとPSGのフォーメーションです。

4-3-3同士の対決です。

フィルミーノは目の負傷の影響でベンチスタートとなっています。

PSGは監督が代わってだいぶメンバーが変りましたね。
トゥヘルは対戦相手に合わせてメンバーも結構変える傾向がありますので、たぶんシーズン終わるころにはいろんな選手から不満が出ているはずですw

リバプール

序盤から押し込む展開となったリバプール。
ただ、相手がPSGということもあっていつもよりはプレッシングが強くなかった印象があります。

相手の最終ラインに落ち着いてボールをキープされた時には前の3枚が縦へのパスコースを牽制しつつ、枚数が同じの中盤ではほぼマンツーマンの対応をしてました。
たぶん思ってたよりPSGのパスワークが速かったってこともあるんでしょうけど、勢いよく突っ込んでいくっていう選択をクロップはしなかったようですね。

球際のところは始めからバチバチやってましたが、戦術的には少し堅かったかな~って印象です。
まあ、ビルドアップではスタリッジやサラーを狙ったロングボールを蹴ってそのこぼれを拾いに行ってたりはしてましたが、PSGの対応が良くてそこからチャンスメイクすることはあまりなかったです。

ただ、全体的に押し込む展開になってたことと、ドリブルで仕掛ける場面が多かったことでCKの回数は非常に多くなってました。
それで結構このCKは雰囲気があったんですが、やっぱり似たような形で先手を取ることになりましたね。
スタリッジのヘディングは割とすんなり入ったように見えますけど、クロスボールとスタリッジのポジショニングがかなりうまかったです。
フィルミーノがスタメンから外れたことで戦術的な不安があったかと思いますけど、代わりに入ったスタリッジがゴールを決めてくれたことは非常に大きかったです。

終盤に同点にされてしまってかなりキツイ試合展開にはなりましたけど、途中出場のフィルミーノが決勝ゴール決めたのはかなり劇的でしたね。
この同点ゴールのやられかたは昨シーズンのリバプールを彷彿とさせる感じでそのまま引き分ける流れだったんですが、やっぱり今シーズンのリバプールは一味違うらしいです。

PSG

アンフィールドでの試合ということで慎重な入りをしたPSG。
ハーフェライン付近までボールを運ばれなければ基本的にはプレスをかけない構えにしてましたね。

ボールを奪ってからは左サイドのネイマールに展開することが序盤から目立ってました。
そこからネイマールが中央に切り込んでスルーパスを狙うっていう動きが多かったですね。
相変わらずネイマールのドリブルスピードはクソ速くて、対峙したアーノルドやミルナー・ヘンダーソンを簡単に振り切っていました。

向こうはぶっ壊すぐらいの勢いでプレスに来てたはずなんですけど、それを簡単にいなしてしまうのはホントにビックリします。
ただ、その後のパスがズレまくってたからあまり決定的な仕事はできていませんけど、ここが序盤からハマっていたら試合展開は大きく変わってたはずです。

それでトゥヘルPSGはエメリの時と比べるとSBがあまり高い位置を取りませんね。
”ほぼ2バック”になるぐらい両SBが上がってましたけど、今のPSGにそういった動きは見られません。
オーバーラップはしますけど、それはタイミングを見ながらって感じです。
(ビハインドになってからはマルキーニョスを下げて3バック気味にしてましたけどね)

だからこそ、ネイマールにある程度キープしてもらう必要があるのかもしれませんけど、攻撃のスピード感は少し無くなくなりましたかね。
とはいっても全体の攻守のバランスはかなり良くなっていますから、どちらを選択するか?ってところでしょう。

まあ、序盤からチーム全体の守備意識が高く、攻撃に関してはロングカウンターかネイマールって2パターンだけだったんですが、相手が相手だっただけにこの戦い方も仕方が無かったのかな~とは思います。
流石に2点ビハインドになってからは突っ込むしか勝ち点を取る方法がなくなったわけなんですが、よく同点に追いついたなって感じです。
最後の最後に勝ち越しを許してしまったんですが、こればっかりは仕方ないですよね。

試合結果

試合は3-2でホームのリバプールが勝利。

・得点者
 前半30分 リバプール:スタリッジ
 前半36分 リバプール:ミルナー
 前半40分 PSG:ムニエ
 後半38分 PSG:ムバッペ
 後半47分 リバプール:フィルミーノ

・交代者
 リバプール
 後半27分 スタリッジ⇒フィルミーノ
 後半40分 サラー⇒シャキリ 
 後半48分 マネ⇒ファビーニョ

 PSG
 後半35分 カバーニ⇒ドラクスラー
       ディ・マリア⇒モティング

スタッツ
リバプール PSG
ボール支配率(%) 52 48
シュート数(本) 17 9
枠内シュート(本) 7 5
パス本数(本) 490 473
パス成功率(%) 82 88
タックル 18 14
ハイライト