17/18チャンピオンズリーグ決勝ラウンド16のマンチェスター・ユナイテッドとセビージャのマッチレビューです。
この試合はセカンドレグとなっておりまして、セビージャホームのファーストレグはスコアレスドローの結果となってます。
ベスト16で得点が決まらなかったのはこのカードだけでしたし、守備に特徴がある両チームの対決だけあってこの試合も接戦となるであろう予想がありました。

リーグ戦はリバプールを下したことで少し余裕が出てきたユナイテッドとリーグ戦の調子があまり上がってこないセビージャ。
勢い的に考えてもユナイテッドが有利でしょうし、オールド・トラフォードでの一戦なので、まあ順当に行けば、、、って感じでしかたかね。

というわけで、まずはフォーメーションから。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

マンチェスター・ユナイテッドとセビージャのフォーメーションです。

中盤の形が違いますけど、両チームとも4-3-3です。

ユナイテッドはフェライニが久しぶりの先発ですかね。

全体の印象と試合展開

前回の対戦がスコアレスだったこともあって、先制点が非常に重要になってくるこのゲーム。
立ち上がりはユナイテッドがかなり攻勢をかけてましたけど、時間が経つにつれて重たい試合展開にはなってます。

カウンターやロングボールからチャンスメイクするユナイテッドとビルドアップから相手を崩してチャンメイクするセビージャ。
そんな感じでチームの特徴が表れてた戦いにはなってましたし、そのうえで両チームとも失点したくない気持ちも隠れていた雰囲気でしたね。

それで時間が経ってくると徐々にセビージャペース、、、というよりかは、ユナイテッドの動きが非常に重くなってきて対応が甘くなってるシーンが多くなってた感じです。
ただ、前半はスコアが動くことなく0-0で折り返し。

で、後半に入るとユナイテッドは少し元気になってましたけど、ゴールが奪えないことで少しづつ焦りが出てくるようになった感じでしたかね。
そんな中で途中から入ったベンイェデルによってセビージャが先制ゴール。
アウェーゴールなんでユナイテッドとしては2点が必要になってしまいましたし、時間もなかったんでこの時点で勝負はある程度決まってしまったようなもんでしたね。

その上さらにベンイェデルに2点目を決められてしまってユナイテッドはジ・エンド。
ルカクの豪快なゴールで1点は返しましたけど、その後は続かなかったですな。

~スポンサードリンク~

ユナイテッド

表面的な見た目(内容)はよくなくても、最近はゲームをある程度コントロールできているユナイテッド。
リバプール戦はルカクのフィジカルと高さが非常に攻撃の起点となってましたし、それはこの試合でも有効だったと思います。
たぶん、モウリーニョ監督的にも得点チャンスとして狙ってたと思いますし、それに併せてこの試合は序盤から押し込む状態が続いてましたね。
(まあでも、もっとルカクを積極的に狙うべきでしたかね)

もう少しロングカウンターがスムーズに行くようになれば、この試合も何とかなってたと思いますけど、ポグバが好調だったころに戻すにはもう少しが時間がかかるでしょうか。
サイドと中央の選手を試合や相手によって入れ替えている傾向もありますし、監督的にその辺はあんまり気にしてないのか?まだ探っている状態なのか?
って、ところですかね。

それでルカクの収まりは強力でしたが、それ以外の選手のパフォーマンスはあんまりよくなかったでしょうかね。
最近ボールロストが多くて叩かれがちのサンチェスはこの試合も孤立気味だった気がします。
まあ、運動量はめちゃくちゃありますけど、そこはあんまり評価されてないみたいですし、なんだかんだゴールとか数字を残さないとしんどいんでしょうかね。

後は、チーム的に守備が堅いイメージがありますけど、実は最終ラインの強度には不安があるユナイテッド。
この前オウンゴールしてたバイイーはこの試合もポカリかけてたし、自陣ゴール前にボールが来ると(見てる方も)結構不安になります。
まあ、デヘアがいるから最悪何とかセーブしてくれるとはいえ、普通に考えてよろしくありません。

それにリーグ戦でビッグゲームが続いてた影響もあってか、後ろの選手の寄せが甘くなってたシーンもありましたし、守備のパフォーマンスは良くなかったですね。
最初の失点はバレンシアのパスミスからでしたし、対戦相手との相性もありそうですけど、ちょっとやる気ない試合でしたな。

セビージャ

セビージャはリーグ戦の方は不調が続いてますけど、チャンピオンズリーグは特別気合が入ってるためか、それとは試合内容が違ってきてる印象があります。
ファーストレグは「ユナイテッドが勝つ気なかった」とはいえ、全体的に試合を優位に進めてましたし、地力はあるチームなんですよね。

それでこの試合はチームの重心を低く、前線のアプローチをある程度制限してた印象です。
まあ、積極的に行ったところでロングボールをボカボカ蹴られちゃうんで、ボールの取りドコロをきっちり決めてプレッシングをかけてた感じです。
ショートカウンターが武器になってくるチームではないですし、どちらかといえばボールを奪ってからはゆっくりビルドアップしながら相手を崩そうとするチームなので、こういった戦い方にはなってきます。

相手の最終ラインはほったらかしでしたが、それより上のマティッチやラッシュフォード・サンチェスのところはかなり絞ってましたし、ルカクのところは常に2人で見てる感じでした。
とはいえ、ルカクには結構やられそうなシーンが序盤から続いてましたし、チームとして一番怖さを感じてたのは間違いなくここだと思います。

ただ、そこまで相手にチャンスメイクされていたわけでもありませんでしたし、そのうえで先手を取れたわけですから、セビージャとしては全体的にいい戦いができてましたね。
まあ、2点先行してから1点は返されましたけど、試合は決まってたんで別にいいでしょう。

試合結果

試合は1-2でアウェーのセビージャが勝利。

2戦合計でもセビージャが勝ってますんで、ベスト8行きです。

得点者
後半29分 セビージャ:ベンイェデル
後半33分 セビージャ:ベンイェデル
後半39分 ユナイテッド:ルカク

ベンイェデルは入ってすぐにゴールを決めてます。

交代者
ユナイテッド
後半15分 フェライニ⇒ポグバ
後半32分 リンガード⇒マルシアル
      バレンシア⇒マタ

セビージャ
後半27分 ムリエル⇒ベンイェデル
後半42分 バスケス⇒ピサロ
後半44分 コレア⇒ガイス

ハイライト

全体のハイライトです。

まとめ

試合が始まるまでは余裕でユナイテッドが勝つのかと思いきや、試合が経つにつれて徐々に「セビージャが勝つんじゃねえか?」って思えてきた試合でしたが、実際にそうなってしまいましたね。
ちょっとユナイテッドは全体的に気の抜けた試合になりましたし、セビージャに先手を取られたのが非常にしんどかったですな。

どちらかといえばカップ戦の方が本来の強さを発揮するはずのユナイテッドでしたが、この試合はらしくない結果になっちゃいました。
逆にセビージャにとってはいい勝利だったと思いますし、この後も非常に厳しい戦いが待っていますけど、期待できるところはありそうです。

まあ、今シーズンはイングランド勢が好調だったんですが、トッテナムに続きユナイテッドが消えちゃいました。
でも、これで結構バランスよくなりましたかね。

というわけでまた次回!!