17/18プレミア第33節のマンチェスター・シティ(1位) 対 マンチェスター・ユナイテッド(2位)のマッチレビューです。
因縁のダービーマッチですし、1位・2位との直接対決となってますけど、ここの勝ち点差はかなり離れてますんでそこはあまり重要ではありません。
それより、シティはこのダービーで勝利すると「プレミアの優勝が決まる」ことになりますんで、是が非でも勝ちたい試合にはなってきてます。

逆にユナイテッドは宿敵に目の前で優勝を決められてしまうのは避けたいでしょうし、2位を確保するためにも負けられない戦いにはなりました。
前回のアウェーゲームでは負けてしまっており、そのリベンジの意味もありますし、非常に重要なゲームです。

まあ、両チームともCLでは不本意な結果となってますけど、この試合に関してはそんなことは関係ありませんでしたね。

フォーメーション

シティとユナイテッドのフォーメーションです。

4-3-3の対決。

シティはCLがあるんでターンオーバーを考えたところもあったと思います。
ただ、ジェズス・アグエロが入ってないのにはビックリです。

全体の印象と試合展開

試合は序盤からボールをシティが支配してましたんで、シティペースの入りでした。
両チームのスタンスの違いもあったんでしょうけど、こんなにはっきりわかる感じになるとは思ってませんでした。

チャンスの数自体はシティの方が多くなってましたし、最初のチャンスではPKになりかけてた(ヤングのハンド)ぐらいサイドからの崩しは綺麗でした。
なかなかしんどい展開にはなりましたけど、ユナイテッドの方も集中高くゴール前を固めてた印象。

ただ、スコア的にはシティが先手をとることになります。
ザネのコーナーをコンパニがヘディングで合わせた形。
早い時間帯の先制点だったんでシティにとっては非常に大きいなものでした。

しばらくしてからギュンドアンが見事なボールキープを披露して追加点。
これで2点差ですけど、ここまでの試合経過の中でユナイテッドは1本もシュートを打ってません。
だから、完全にシティのゲーム。

ただ、後半に入るとユナイテッドが盛り返すことになります。
というか、数分で同点に追いつきます。
ポグバの連続ゴール。
やっぱりユナイテッドにはこの選手が必要なんでしょう。

で、今度はセットプレーからスモーリングが合わせてユナイテッドが逆転。
前半の展開とは全く変わってしまってます。
だから、後半は完全にユナイテッドのゲーム。

ホント、前後半でこんなに試合展開とか流れが変わってしまうのは久しぶりに見ました。
(イスタンブールで行われたCL決勝のミラン対リバプールぐらい)

シティの戦い方

最近は少し戦い方を変えてきている印象のシティ。
一つのやり方がハマっていたとしても、対戦相手がその対策を立ててくるのが早いのもプレミアの特徴ですからね。
グアルディオラ監督の考え方もあるんでしょうけど、まだまだいろいろとチャレンジしていくんでしょう。

とりあえずこの試合ではベルナルド・シウバがセンターに入ってました。
まあ、完全な偽9番的な立ち位置だったのかなとは思いますけど、大1番でこんな起用をしてくるなんてホントに面白い監督です。
ベルナルド・シウバは他にもいろんなポジションをこなすことができますし、普通にシティには欠かせない選手になりましたね。

それでいつもと比べるとベルナルド・シウバがかなり下がってボールを受ける動きをする分、高い位置のセンターはポッカリ空いてきます。
その代わりギュンドアンとかシルバが前線に入ってくる動きが多かったとは思いますし、そこに注意を引けるとザネ・スターリングがフリーになれる形を狙ってたとは感じてます。

あと、前半の途中からスターリングとベルナルド・シウバは立ち位置を変えてたんですよね。
(というか、みんなコロコロ変わるからわけわからなくなる時がありますけど)
少しビルドアップがうまくいかなくなってきてたタイミングでのポジションチェンジだとは思いますけど、後半始まってから変わるならまだしも、あるとき突然変わってるから観てるこっちも困ります。

まあ、スターリングは決定機を外しまくってましたし、後半に入ってバタバタしながら連続失点してしまったことが最終的に響きました。
ゴール前の対応に甘さが表れた感じにはなってしまいましたし、後半始まってすぐのユナイテッドの圧力をモロに受けてしまった格好でしょう。
最悪な形の逆転負けにはなりましたけど、ここから崩れないようにしてほしいですかね。

ユナイテッドの印象

シティとは対象的に戦い方のコンセプトがほとんど変わらないユナイテッド。
まあ、ここでシティに勝ったとしても逆転優勝の可能性はほとんどありませんので、現実的には”負けないように”構えるのがモウリーニョのセオリーですかね。

それでユナイテッドの注目はやっぱりポグバになってくるでしょう。
直近の試合は観てないんでわからないところもありますし、この試合ではゴールは決めてますけど、あんまりコンディションが上がってきてない印象でしたね。
(だから、2ゴールを決めるなんて思ってませんでした)
カウンターのきっかけのところはサンチェスとポグバになってきますけど、そこへのプレッシングは相当速かったんで無理もない感じもありますけど、ちょっとボールロストが(特に前半は)多かったですな。

全体的な話では、この試合は序盤からシティのいつもと違う動きに翻弄されてなかなかボールを奪えませんでしたし、我慢する時間が長かったでしょうかね。
まあ、そこは想定内だったんでしょうけど、カウンターもクソもなかった感じなんでどうやって点を取るんかな?とはずっと思ってました。

流石に2点差になってからはプレッシングを強めてましたけど、結局ボールを取れないからそれも緩めざるを得なかったですし、ホントに前半は何にもできませんでしたな。
シュートはゼロでしたし、”過去最高に何もできなかった”前半だったでしょうか。
(デヘアだけは頑張ってましたけど)

後半に入って盛り返すことができたのは緩めてたプレッシングをかなり強くしたことが要因だったとは思ってます。
(配置の変更とか細かいところまで見れてませんけど)
それに合わせてポグバがゴール前に入ってくるシーンも多かったですし、そこでポンポンっとゴールが続いた感じです。
すべてのゴールにサンチェスが絡んでますし、彼とポグバの活躍で試合をひっくり返したことにはなりますかね。

ただ、チームの戦い方でどうこうっていうよりは個人の力でなんとか逆転した感じには思えます。
逆境を跳ね返す力強さは流石でしたけど、やっぱりこのチームの戦い方は好きになれませんなw

試合結果

試合は2-3でユナイテッドが逆転勝利。

ホントにこんなことがあるんですね。

得点者
前半25分 シティ:コンパニ
前半31分 シティ:ギュンドアン
後半8分  ユナイテッド:ポグバ
後半10分 ユナイテッド:ポグバ
後半24分 ユナイテッド:スモーリング

交代者
シティ
後半27分 シルバ⇒デブライネ
      ベルナルド・シウバ⇒ジェズス
後半31分 ギュンドアン⇒アグエロ

ユナイテッド
後半37分 サンチェス⇒ラッシュフォード
後半40分 リンガード⇒マクトミネイ
後半49分 エレーラ⇒リンデロフ

ハイライト

全体のハイライトです。

リバプール戦頑張ってほしいです

正直、前半のパフォーマンスではシティが楽勝なゲームになるとは思ってましたし、まさかユナイテッドが逆転する展開なんて予想できませんでしたね。
ホントにサッカーって怖いです。
それに”流れ”っていうのが重要なスポーツだと改めて感じてます。

シティは強豪との連戦が続きます。
この後は、CLでのリバプールとのセカンドレグがミッドウィークにありますし、週末にはトッテナムとの試合です。
宿敵に逆転負けを食らってしまいましたし、最悪の雰囲気の中で臨む試合にはなりますけどなんとか頑張ってほしいとは思います。
3点差を跳ね返さなきゃいけないわけなんですが、意外とリバプールは崩れだすと脆いチームなのでまだわからないとは思ってます。

そんな感じですかね、また次回!!

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)