サッカーというかフットボールの歴史っていうのは100年以上のものがあります。
基本的にサッカーの戦術だったり、フォーメーションっていうのは、他のチームを「パクったり」それがうまくいけば他のチームに「パクられ」っていうことの繰り返しです。

その時のトレンドに合わせて微妙に変化していくことが多く、長ーいスパンで見てみないとその辺かにわからないこともあります。
まあ、その辺の変化について、すべてを細かく書いていくと膨大な量となりますので、今回はざっくりと書いていきます。

「へえ~」って感じで読んでもらえばいいかなとは思ってます。

~スポンサードリンク~

実はサッカーとラグビーは親戚です

サッカー発祥の地はイングランド、、、っていうのは結構有名です。
1860年代にFA(フットボールアソシエーション:サッカー協会)が設立されて、それまでバラバラだったサッカールールの統一化が図られるようになります。
で、この当時のサッカーは相手を吹っ飛ばすタックルとか「ハッキング(足のすねを蹴って撃退する行為)」が当たり前のようにあったそうで、男らしさを競い合うゲームという毛色が強かったそうです。

統一化を図る会議ではこの↑のハッキングを入れる・入れないでかなりもめたんですが、結局、入れないことになりました。
で、これに反対する側も当然かなりの勢力がいたわけなんですが、FAの決定に納得できずに脱退したメンバーたちが、後に、ラグビー協会を設立することになります。

ちなみにこの時には「オフサイド」のルールはまだ適用されていませんでした。

~スポンサードリンク~

最初はフォワード7人

サッカー協会が設立されてからの主流のフォーメーションって、「2-1-7」っていう2バックシステムでした。
「FW7人でバック2人って、どうやって守んねん!!」って感じですが、そもそもこの当時は守備に対する意識がほぼなかったし、「プレッシング」とか「ポゼッション」とかそういう概念すらもまったくありませんでした。

なかなかこの時のサッカーをイメージするのは正直難しいのですが、とりあえずロングボール主体で戦っていたようです。
後ろの選手がロングボールを蹴って、いかに前の選手が追いつけるか?といった感じですね。
それで、↑にも書いたように、やっぱりフィジカルコンタクトもかなり激しかったようです。
ケガ人続出の影響などもあって、ルールとしては徐々に規制をかけるようにはなってきています。

まあ、プレミアリーグの特徴として、「強いフィジカル、速いスピード、そしてポゼッションにこだわるチームが少ない(ロングボールが多い)」っていうのは、こういった背景が根強く残っているから、、、 
という風に考えることができます。

2バックから3バックへ

1920年代に「オフサイド」のルールが適用されるようになってから、フォーメーションに変化がでるようになりました。
3-2-5って感じで、2バックから3バック、フォワードは5人まで減ることになります。
その当時のフォーメーションは「WMシステム」っていう風に呼ばれていたそうです。
イメージとしてはこんな感じ↓↓

WM

まあ、今風にいうと3-2-2-3って感じになりますけどね。
ただ、この当時はチームの戦い方としてはまだ”前がかり”なので、フォワードの下の二人も「インサイドフォワード」っていう風に呼ばれてました。
そもそも連動して、守備をするという意識があまりありませんでしたし、配置で完全に役割を分担していて、「守るやつは守る、攻める奴は攻める」って感じでチーム内の役割がハッキリしていましたね。

でも、この当時としてはこのシステムが画期的であり、一気に世界に広まっていくことになります。
まあ、どう考えてもこっちの方がバランスいいですもんね。

それで、こっから4バックに移行するまで、そこそこ間があくことになるんですが、今回は長くなったので続きは次回に書きます。

続きはこちらから

今回の記事はこちらの書籍を参考にしています。
サッカー戦術に馴染みがない方でも非常に読みやすくなってます。
*興味がある方は↓の画像リンクからアマゾンで購入可能です。

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ