シメオネとクロップって、全く共通点がないように見えますが、実はそうでもありません。

シメオネ監督が率いるアトレティコ・マドリードの採用している戦い方は「堅守速攻」です。
で、クロップ監督がドルトムント時代から実践している戦術が「ゲーゲンプレス」になります。
(戦術というよりは考え方に近いですけどね。)

まあ、実は両方ともプレッシング理論が派生したものになってます。
ちなみにシティを率いているグアルディオラ監督はまったく違う戦術をとっています。
(あちらはポゼッションというかポジショニングが考え方のコンセプトにあるので)

~スポンサードリンク~

場所が違うだけ

ともにプレッシング理論から派生したにもかかわらず、全く別の見方をされている「堅守速攻」と「ゲーゲンプレス」。
実はプレスをかける考え方はほぼ同じなんです。
ただ、ブロックが、”前方”に位置しているのか、”後方”に位置しているのか、の違いだけです。

相手ゴールまでの距離が違うので、攻撃の部分では異なった展開になりますが、相手からボールを奪う(プレッシング)考え方はほぼ同じです。
陣形をコンパクトに保ちつつ相手ボールを網にひっかけに行きます。
まあ、これだけだとなかなかわかりにくいと思いますので、まずは「ゲーゲンプレス」について説明していきます。

~スポンサードリンク~

ゲーゲンプレスとは何ぞや?

まあ、単なるプレッシングだったら、わざわざ「ゲーゲン」とかつけません。
「ゲーゲンプレス」っていうのを日本語でわかるように書くと、「反カウンター」とかそういった言葉になります。

もうちょっと具体的に言うと、「自チームがカウンターを受けそうになったときに」相手チームへかけるプレッシングってことになります。
(これでもイメージしにくいですかね?)
クロップがドルトムント時代にはこの戦い方がいろんなチームにハマったことで、マイスターシャーレを獲得することに成功しています。
まあ、その成功によって有名になった戦術といえます。

攻守の切替

サッカーって「攻守の切替時間」がものすごく重要です。
それが速いか遅いかで、得点する・失点することになったりします。
現代サッカーの得点の多くは「相手からボールを奪って10秒以内」に決まるといわれています。

相手が前がかりになればなるほど守備をするときの対応が遅れますので、攻撃するチャンスになります。
(相手が守備陣形を整えるまで時間がかかってしまう)
ただ、今となってはカウンター戦術っていうのはどのチームにも浸透していますし、どのチームでも効果的にカウンターを狙えるようになっています。
そんな中で求められるようになってきたのは、「自チームがカウンターを受けたときにいかにして守るか?」ということになってきます。
その部分を試行錯誤して生まれたのが、ゲーゲンプレスというものです。

相手がカウンターをかけるときこそ最大のチャンス

話がそれましたが、ゲーゲンプレスっていうのは、カウンターに対するカウンター戦術になります。
自チームがカウンターを受けそうになる瞬間に相手チームにプレッシングを仕掛けるっていうのは、、、
相手チームがボールを奪いカウンターを仕掛けようと思った瞬間に、逆に自チームがそのボールを奪い返すことができれば、より効果的な攻撃を仕掛けることが可能になるということを示しています。

カウンターではなく、ビルドアップの時は攻撃をしていても実は守備のことを意識しています。
でも、カウンターを仕掛けようとするタイミングでは、早く攻撃することに意識がいってしまうので、全員の意識が前に向き、守備ブロックを解いている(解こうとする)ため全体的にスペースが空いてしまいます。
だから、相手チームが前に向かって走り出そうとしているので、そのタイミングで相手ボールを奪うことができれば、完全に相手の逆を突くことになります。

で、これを戦術として機能させようと思うと、ラインを高く保ちながら、全体を非常にコンパクトにする必要があります。
なにせ、セカンドボールを全部拾うぐらいの勢いとタイミングが重要になってきますので、ボールの動きに対して全体が連動しながらシフトしていく必要があります。

~スポンサードリンク~

シメオネの戦術

で、一方のシメオネの戦術といえば、アトレティコで用いている堅守速攻です。
ちなみにこれはレアルやバルセロナに対抗するための戦術であるともいえます。

高いインテンシティ(激しさ、強烈さ、真剣さ)を求める戦術であり、さながらアルゼンチンに代表される「アンチフットボールだ」とも言えます。
アルゼンチン人であるシメオネ自身が勝負に対するこだわりがすごく、「魅せる」よりも「勝つ」ことにこだわる代表的な監督です。

ただ、守備ブロックの作り方に関しては今までに書いたゲーゲンプレスと非常に似たものになります。
シメオネの場合はディフェンスラインを低く設定しつつ、非常にコンパクトに守備ブロックを形成します。
守備ブロックのコンパクトさではほとんど同じですし、ボールに合わせてスライドしていくのもほとんど同じです。

だから、以前の記事リバプール対アトレティコで書いた時のように、似た陣形を取るので、戦った場合には膠着しやすくなります。

チームのイメージや歴史、それに試合結果だったりを考えると全く違うものに見えてしまうサッカーの戦術。
でも、基本的な考え方は共通するところがありますし、それぞれが”まったくの別物”と考えるよりは”スタンスが違うもの”と考える方がそれぞれの戦い方を理解しやすいと思ってます。

まあ、こういう風に知識として、戦術のことを理解していると、サッカーの試合というものがまた違って見えてきたりもします。
というわけで、最後に、、、

日本はプレッシングにこだわれ!

現在サッカーの主流はプレッシング理論です。
”いかに有利な位置までボールを繋ぐか?”よりも”いかに有利な位置でボールを奪うか?”を考えている戦術家の方が圧倒的に多いのです。

そんな中、日本代表の試合とかで解説を聞いていると、言ってるのは「どうやってボールを回すのか?どうやって展開するのか?どうやってシュートまでもっていくのか?」こういう言葉ばかりです。
これが悪いことではありませんが、世界は「どうやってプレッシングをかけるのか」を考えているときに、上記のことを考えていても、正直焦点がズレているようにしか思えません。

案外、世界との差が縮まらないのは、こういう部分に原因があるのではないかと考える今日この頃でした、、、

今回の記事はこちらの書籍を参考にしています。
サッカー戦術に馴染みがない方でも非常に読みやすくなってます。
*興味がある方は↓の画像リンクからアマゾンで購入可能です。

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)