久しぶりに戦術論の話ですね。

実は最近まで知らなかったゲーゲンプレスという言葉。
「ゲーゲンプレスってなんやねん」みたいなw

あと、アウディカップでも戦ったアトレティコのシメオネ監督が用いる戦術についても少し書いていきます。
まあ、現代サッカーの戦術論ですね。
ともにプレッシング理論が派生したものになります。


-------スポンサードリンク-------

ゲーゲンプレスとは何ぞや?

プレスって言ってるので、さすがに自分たちでボールを持っているわけではありません。
それに単なるプレッシングだったら、わざわざ「ゲーゲン」とかつけません。

「ゲーゲンプレス」ってわかるように書くと、「反カウンター」とかそういうイメージですね。
細かく言うと、「自チームがカウンターを受けているときに」相手にかけるプレスってことになります。
クロップがドルトムント時代にこの考え方を用いて、マイスターシャーレ取ってまして、有名になりましたね。

攻守の切替

サッカーって「攻守の切替時間」がものすごく重要です。
それが速いか遅いかで、得点する・失点することになったりします。
現代サッカーの得点の多くは「相手からボールを奪って10秒以内」に決まるゴールです。

相手が前がかりになればなるほど、守備をするときの対応が遅れますので、攻撃するチャンスになります。

ただ、今となっては、カウンター戦術っていうのはどのチームにも浸透していて、どのチームでも効果的にカウンターを狙えるようになっています。
そんな中で求められるのは、「自チームがカウンターを受けたときにいかにして守るか」ということです。

相手がカウンターをかけるときこそ最大のチャンス

結局、ゲーゲンプレスっていうのは、カウンターに対するカウンター戦術になります。
相手がボールを奪い、カウンターを仕掛けようと思った瞬間に自チームがボールを奪うことができれば、より効果的な攻撃を仕掛けることができます。

カウンターを仕掛けようとするタイミングでは、ほぼ全員の意識が前に向いているので、守備ブロックを解いて、スペースが空いてしまっています。
相手チームが前に向かって走り出そうとしているので、そこで奪うことができれば、完全に相手の逆を突くことになります。

これを戦術として機能させようと思うと、ラインを高く保ちながら、全体を非常にコンパクトにする必要があります。
なにせ、セカンドボールを全部拾うぐらいの勢いとタイミングが重要になってくるで、ボールの動きに対して、全体が連動しながらシフトしていく必要があります。

~スポンサードリンク~

シメオネの戦術

シメオネの戦術といえば、アトレティコで用いている堅守速攻ですね。
レアルやバルセロナに対抗するための戦術であるともいえます。

高いインテンシティ(激しさ、強烈さ、真剣さ)を求める戦術であり、さながら「アンチフットボール」ですね。
アルゼンチン人であるシメオネ自身が勝負に対するこだわりがすごく、「魅せる」よりも「勝つ」ことにこだわる代表的な監督です。

ただ、守備ブロックの作り方に関しては↑に書いたゲーゲンプレスに非常に似たものになります。
シメオネの場合はディフェンスラインを低く設定しつつ、非常にコンパクトに守備ブロックを形成します。
守備ブロックのコンパクトさではほとんど同じですし、ボールに合わせてスライドしていくのも全く同じです。

だから、以前の記事リバプール対アトレティコで書いた時のように、似た陣形を取るので、戦った場合には膠着しやすくなります。

ともにプレッシング理論

現在サッカーの主流はプレッシング理論です。
いかにボールを繋ぐか?よりもいかにボールを奪うか?を考えている戦術家の方が圧倒的に多いのです。

そんな中、日本代表の試合とかで解説を聞いていると、言ってるのは「どうやってボールを回すのか、どうやって展開するのか、どうやってシュートまでもっていくのか」こういうことばかりです。
これが悪いことではありませんが、世界は「どうやってプレッシングをかけるのか」を考えているときに、上記のことを考えていても、焦点がずれているようにしか思えません。

案外、世界との差が縮まらないのは、こういう部分に原因があるのではないかと考える今日この頃でした、、、

Twitterやってます!!!!
記事を楽しんでいただけたなら、フォローお願いします。


気が向いたときにバナーかリンクを押してもらえると嬉しいです。

サッカーランキング