17/18シーズンプレミアリーグ第6節、サウサンプトン対マンチェスター・ユナイテッドのレビューです。
吉田麻也所属のサウサンプトンがホームで、マンUと戦います。
モウリーニョ監督なのに、攻撃力がイカれてるマンUを吉田麻也が抑えられるか?って感じですね。

サウサンプトンの試合を観るのは初めてなので、どういう戦い方をするのか気にはなっていたんですが。
一方のマンUは、勝ち点が並んでいるシティが好調なので、落としたくない一戦でだったし、厳しい試合展開でしたが、しっかり勝ち切りましたね。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

サウサンプトンとユナイテッドのフォーメーションです。

両チームとも4‐5‐1ですね。
吉田麻也は先発です。

ハイライト

全体のハイライトです。


それでは試合を振り返っていきたいと思います。

ちょっと押されるユナイテッド

立ち上がりから、サウサンプトンが前からプレスをかけて、ユナイテッドが受けている印象でした。
試合はプレミアにしては珍しく、ゆっくり展開してましたね。
どちらのチームもシュートが打ててなくて、こう着してました。

どちらかというと、サウサンプトンが押し込んでいましたが、ユナイテッドはちょっとプレスが甘いですね。
引いて、守備ブロックはコンパクトにしてはいるんですが、ボールを取りきれてないので、ゴール前までボールを運ばれるシーンが目立ってます。

ルカクにやられちゃった

前半19分にユナイテッドが先制しますが、サウサンプトンにとってはホント、ルカクにやられた失点でしたね。
クロスは上げられましたけど、守備の人数は足りてましたし、ルカクにもフートがマークついてたんですが、そんなもの関係なしに決めちゃいますもんね。

サウサンプトンとしては、別に悪くない試合展開だっただけにこの失点は痛かったですね。
それでも変わらず、ポゼッションはサウサンプトンが上回ってたし、シュートも打ってたんですけどね。
ゴール前のブロックは、やっぱめちゃ堅いですね、ユナイテッドは。

ユナイテッドがいいサッカーをしているわけではない

サウサンプトンは序盤では割とプレッシングでユナイテッドからボールが奪えてたんですけど、それが徐々に躱されるようになってましたね。
ただまあ、守備の集中は高かったんで、ユナイテッドにいいように攻撃させてなかったです。

にしても、ユナイテッドは結構パスミスが目立ってたし、カウンター時のスピードもそこまで早いわけではないのに、点を取っちゃいますもんね。
結局、先制後はシュートを打ってなかったんで、ユナイテッドは。

後半も押し込むサウサンプトン

まあ、後半もなんだかんだ優位に試合を進めているんですが、なかなか点が奪えないサウサンプトンです。
ユナイテッドのDFは結構、背後を狙われることが多くて、何本かそれでチャンスを作られてましたね。
ただ、つながれてもカバーリングをしたり、ゴール前でブロックを作ってたりと、最後の部分でユナイテッドの守備がしっかりしてたんで、決定的なピンチにはならなかったですね。

ビックリするぐらい面白くない

サウサンプトンは攻撃がかなり単調で、得点が入りそうな雰囲気がまったくなかったし、ユナイテッドの方はがっつり守って、カウンターもまともにできていない状況だったし、で、かなりこう着してました。
正直かなり面白くない試合ですし、ユナイテッドファンはこの試合を観て怒らないんですかね?

さすがモウリーニョって感じの試合でしたし、なかなかチャンスが作れない中でもきっちり勝ち切ってはいます。
リーグ戦を戦ううえでは、こういう風に取りこぼしがないのが理想ではありますが、シティの戦いとはまったく違いますね。

吉田は?

吉田は特に目立った動きはなかった、というかDFなんで、当たり前なんですが。
失点のシーンも吉田がやられてわけではなかったし、特に気になるミスもなかったし、まあいい動きをしてたんじゃないですかね。
まあ、ユナイテッドがそもそも攻めてなかったんですが、、、

現在好調のユナイテッド攻撃陣を相手に失点を1点に抑えたのは、まあ評価できるんじゃないですかね。
ただ、サウサンプトンの攻撃に迫力がなかったし、非常に単調でアイディアにかけてたんで、得点を奪えなかったです。
結局、チームとしては負けちゃったんでね~

にしても、面白くない試合だった。
まあ、こういう試合もありますわね。
ではまた次回!

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”