サッカーでよく出てくる言葉に「スペース」というものがあります。
今回はこのスペースについて考えていきたいと思います。

それで、まずはサッカーの特徴について考えていきます。

ボールを持ってない時間の方が長い

サッカーは22人いる選手に対して、ボールは一つしかありません。
だから、選手一人一人ではボールを「持つ時間」より、「持っていない時間」の方が確実に長いわけです。

ボールがあることによって、みんなサッカーに魅了されているわけですが、極端な話 ”サッカーというのはボールを持たない競技” であるということが言えると思います。
当然、ボールを持っていないときはみんな走り回っているわけですが、ただ闇雲に走り回っているわけではありません。
パスを受けるためにスペースに走りこんだり、相手をマークするためについて回ったり、相手にボールを奪われたから急いで自陣に戻ったり、いろんな理由があって走り回っています。

平均的なサッカー選手の1試合当たりの走行距離は大体10~11kmといわれています。
ポジションごとで走行距離に差はありますが、いずれにせよ、持久力がないとできないスポーツです。

そんな感じで、走り回ることによって、ボールを持っている選手含め味方全体が動くことになりますし、相手もつられて動いてきます。
つまり、「サッカー」と「走る」ということは切っても切り離せない関係であり、試合の展開を考えるうえでも重要なものになります。

スペースを消す

スペースというのは、相手チームと自チームの選手もいない場所のことを指します。
それで、サッカーの特徴としては、攻撃しているチームはこの「スペース」を活用しようとするし、守備しているチームは「スペース」を消そう(埋めよう)とすることです。

”スペースを活用する” には、そこにボールを運びつつ、選手が走りこむ必要がありますし、”スペースを消す” には、人を配置する必要があります。
「スルーパスを通して、ディフェンスの背後を取る」っていうのは、ディフェンダーの背後にはスペースがあり、そこに走りこんでくる味方選手に対して、パスを通すって意味です。

「ワン・ツー」とかもそうですね。
ボールをいったん味方に預けて、自分はスペースに走りこむってイメージです。

で、今度は守備の方ですが、いわゆる「ゾーンディフェンス」っていうのは、相手チームの選手よりもスペースを消すことに比重を置いたディフェンス方法になります。
とはいえ、すべてのスペースを消すことは不可能ですし、相手選手とボールから離れた位置のスペースを消してもあまり意味はありません。
自チームが失点する可能性のあるスペースにはシビアに対応し、あまり危険性のないところは気にしない感じです。

エリアを支配する

結局、サッカーでボールを持っていない選手たちは、↑に書いたようにスペースを意識して走り回っています。
攻撃の選手はスペースを見つけながら、隙あらばそこに走りこんでパスを受ける。
ディフェンスはスペースを埋めるように走る。

それでここからは僕独自の考え方なのですが、
そのスペースの攻防を制している方が、そのエリアを支配していると考えています。

これはオフェンス、ディフェンス双方の視点から考えることができます。
オフェンスはボールを保持していますが、そのオフェンス側が無理なくボールを回せる位置までを支配しているエリアと考えます。
横パスとかバックパスとかでなら、相手にとられることなく回せる位置ですね。
↓にイメージ図を載せます。

ちなみにディフェンス側がハイプレスをして押し込んでいると、↓みたいな感じになります。

サッカーって、ボールを持っている選手が主役ですが、ボールを持っていない選手が試合の流れを作ります。
そういう意味で、エリアやスペースを意識しながら、サッカー観戦するとまた違った面白さがあります。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”