17/18チャンピオンズ決勝ラウンド16のバルセロナ 対 チェルシーのマッチレビューです。
注目の一戦のセカンドレグとなっております。
チェルシーホームのファーストレグは1-1の引き分けとなっており、アウェーゴールを一つ取ったバルセロナは少し有利な感じです。

ファーストレグはこちら

とはいえ、トッテナムがウェンブリーでユベントスに負けちゃったように何が起こるかわからないのがサッカーというスポーツ。
イングランド勢が好調だったグループステージでしたが、ユナイテッドも消えてしまいましたし、個人的にはチェルシーに頑張ってもらいたいところでした。
ただ、勝負にこだわったバルサは異常に強いですし、勝ち抜けた後にシティとあたったときにはどういう戦い方をするのか?も気になってましたんで正直どっちが勝っても良かったですw

というわけで、いつもどおりフォーメーションからいきましょう。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

バルセロナとチェルシーのフォーメーションです。

4-3-3対3-4-3です。

デンベレは久しぶり?のスタメンです。
あと、チェルシーはジルーが入ってます。

全体の印象と試合展開

バルセロナはどうかわかりませんが、チェルシーの方はかなり慎重な入りをしたこの試合。
でも、始まってみると試合開始早々にスコアが動く結果となりました。
スアレスの落としをメッシが拾って、クルトワの股を抜く右足のシュート。
ただ、正面のシュートだったのでクルトワのミスもありましたし、チェルシーとしては少し甘い対応にはなってたでしょうか。

そして、その後はチェルシーが少し攻勢をかけます。
アザール・ウィリアンを中心にいい形のフィニッシュまでもっていけてましたけど、同点には追いつけず。
逆にバルサにカウンターからデンベレに決められてしまって2点差となってます。

2-0で折り返した前半でしたが、後半の立ち上がりは少しチェルシーが盛り返した感じにはなってました。
前半からチェルシー側も得点できそうなシーンは作ってたんですけどね、なかなか運にも見放されて決まらないシーンがありました。

まあ、バルセロナの守備の集中も高かったんですけどね。
その後、しばらくしてからメッシがとどめの3点目。
このゴールはメッシらしい感じでしたし、勝負を決める一撃となりました。

そんなわけで、コンテ監督、お疲れ様でした。

~スポンサードリンク~

完璧だったバルセロナ

リーグ戦ではアトレティコに競り勝ったことで少しラクになってきたバルセロナ。
だからこそ、この試合は落とすわけにはいかなかったと思いますし、できれば引き分けではなくしっかり勝ち切りたかった気持ちがあって全体的に有利に試合を進めることができた気がします。

プレッシングは高い位置から仕掛けてましたけど、そこまで積極的な姿勢では無かった気がします。
(後半はかなりボールを奪いに行ってましたが)
ショートカウンターを仕掛ける場面もありましたけど、それはチェルシー側のミスがきっかけでしたしね。
やっぱりチームとしても常に守備への意識はありましたし、トランジションはもちろんプレスバックもめちゃくちゃ速かったんで。

それに加えてビルドアップやパスワークは世界トップレベルなんで、相手としてはボールの取りドコロを設定しにくいし、攻撃するチャンスもなかなか与えてもらえないことにはなってきます。
時間帯にもよりましたが、この試合でもそれと感じでチェルシーが全然ボールを持てないトコロがありましたし、バルサとしては安定感のある戦いにはなったでしょう。

それでこの試合は久しぶりにデンベレが登場してますし、どういう活躍ができるのか個人的には注目してましたが、立ち上がりから積極的に仕掛ける場面もあって、ゴールも決めたんでそれなりにいい活躍ができたんじゃないでしょうか。
(まあ、消えてるシーンも多かったけど)
チームの全体的な話では、特別この試合のパフォーマンスが良かったとは思いません(いつも通りな感じ)が、ファーストレグと比べるとチェルシー側のパフォーマンスが落ちてた影響もあってこういった結果になった気がします。

苦手と言われていたチェルシー相手にもメッシは連続ゴール奪ってますし、年明けから調子を上げてきてたスアレスの動きもキレてたんで先手さえ取れればって試合でしたね。

集中を欠いたチェルシー

最近は強豪とのゲームを落としてますし、なかなか勝ち切れずしんどい試合が続いているコンテ監督のチェルシー。
この試合はファーストレグの結果もあって、絶対に得点が必要なゲームですし、どうやってバルサゴールをこじ開けるのか?が最大のポイントとはなったでしょう。

とはいえ、なりふり構わず攻勢に出るわけもなく、相手にボールを持たれる前提でどう戦うか?(どう攻撃するか?)ってことにはなってきます。
それでブロックは普段は5-3で形成することが多いんですが、この試合ではアザールを下げて5-4の形を取ってました。
どうせ全体的に押し込まれるし、相手の最終ラインを牽制したところでボールも取れないし、、、
っていうところを考えると、そもそも相手が狙ってくるであろうスペース自体を消すことに焦点を絞っていた感じでしょう。

試合開始早々に失点はしてしまいましたが、このスタンスっていうのは特別変わりませんでしたし、そこのバランスが崩れると一瞬で失点する危険性もありましたんでね。
攻撃面ではこの試合センターに入ったジルーがポイントになってくるのかなっていう印象でした。
前線のアザール・ウィリアンまでボールが運ばれてくると攻撃が活性化するんですが、そういう状態にするにはジルーのところで収まらないと話にならないところはありました。

まあ、僕としてはもう少し彼には頑張ってもらいたいところでしたけど、思ったような活躍はできませんでしたかね。
あと、試合を通してセスクのパフォーマンスが非常に悪かったですな。
2失点目はカウンターのきっかけとなったボールロストしてますし、パスミスやトラップミスが多くて本来の姿では無かった気がします。
得点が必要な状況だと彼を使うしかなかったとは思いますけど、ファーストレグで逃げ切れてたらドリンクウォーターとかを起用してたかもしれませんもんね。

それにカンテとかは安定して効いてましたし、中盤の組み合わせとかを変えてこの試合に臨んでいたら、また違った結果にはなってたと思いますけど、まあ結果は結果なんで仕方ないでしょう。

試合結果

試合は3-0でホームのバルセロナが勝利。

2戦合計、4-1となりバルサが勝ち抜けです。

得点者
前半3分  バルセロナ:メッシ
前半20分 バルセロナ:デンベレ
後半18分 バルセロナ:メッシ

まあ、メッシの活躍は流石、というかもはや当たり前な感じですな。

交代者
バルセロナ
後半11分 イニエスタ⇒パウリーニョ
後半16分 ブスケツ⇒アンドレ・ゴメス
後半22分 デンベレ⇒ビダル

チェルシー
後半22分 モーゼス⇒ザッパコスタ
      ジルー⇒モラタ
後半37分 アザール⇒ペドロ

ハイライト

全体のハイライトです。

まとめ

ちょっとチェルシーのパフォーマンスには物足りないところがありましたけど、やっぱりバルセロナが強かったな~って印象の試合でした。
バルサがベスト8でどこと対戦することになるのか?もかなり重要なんですが、今までの戦い方を見ていると普通に優勝しそうな雰囲気はあります。

まあ、まだクラシコになる可能性も残ってますし、しんどい戦いは今後も続きます。
とりあえず、リーグ戦をさっさと決めてCLに集中できる環境をできるだけ早く作ることがポイントになってきますかね。
シティとかバイエルンはもう決まってるようなもんなんで、早い段階でここら辺とあたるとかなり厳しいかもしれませんけど。

チャンピオンズリーグはこれからも楽しみですな。
というわけでまた次回!!