17/18プレミア第31節のマンチェスター・シティ 対 ブライトンの試合です。
こちらもアーセナル同様にFAカップで延期となった試合ですね。

シティはだいぶ前に優勝を決めてます。
対戦相手のブライトンも厳しいプレミアリーグの残留をすでに決めていますし、この試合はほとんど消化試合となってます。
ただ、シティはいろいろと記録がかかってたんですよね。
”リーグの総勝点”と”リーグの総得点”と”あとなんか(忘れたw)”。

それにこの試合はホーム最終戦ですし、有終の美を飾りたかったところはあったでしょうかね。
今シーズンで退団するヤヤ・トゥーレがホーム最終戦っていうこともあって、最後の最後で先発起用するペップの粋な采配もありましたけど、シティがブライトンに負けるわけありませんな。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

マンチェスター・シティとブライトンのフォーメーションです。

4-3-3と4-5-1です。

シティは主力メンバーを休ませながらも豪華なメンバーになってます。
それにしてもフェルナンジーニョは何でも屋さんですな。
トゥーレの花道を飾るために一肌脱いだ格好です。

最近はメンディが帰ってきたんで左サイドは層が厚くなってきてますね。
ジンチェンコも若くていい選手ですけど、ちょっと厳しいかな~

ブライトンは4-5-1の表記にしてますけど、守り方はそのまんまでした。
まあ、シティと戦う下位チームは大体9枚ブロック(というか10枚)を作ります。
ハダースフィールドはそれで最後まで守り切りましたしね。
(ボール奪っても繋ごうとせず、かなりセーフティにやってました)

これが現実的な構えだったとは思いますけど、この試合は失点が多くなりましたな。

試合について

ハダースフィールドほど極端ではありませんでしたが、ブライトンはがっつり自陣を固めてましたね。
ただ、中央にかなり絞るやり方ではなく、横はある程度幅をとって対応してた感じです。
単純に両ワイド(ザネやベルナルド・シウバ)を気にしてのものだったんでしょうし、そこへはマンツーマン気味で対応してましたけが、そうなると普通に中央は空いてくるので相手のシティからすると逆にやりやすかったかもしれません。

シティの先制点はダニーロが裏に抜けだしてのものでしたけど、ブライトンはザネを囲い込みに行ってカワされてしまったのが致命的でしたな。
ザネも速かったですけど、ブライトンの寄せが甘かったところはあります。

それでこうなると完全に負けパターンのブライトンだったんですが、ここから意地を見せます。
まあ、よく追いついたな~って感じでしたけど、今度はシティ側の対応が甘くなっちゃいましたかね。
守備の局面で最後の踏ん張りが効かないのがシティの弱点ではありますけど、この失点はそういった面もありました。

それでも、シティは前半のうちに勝ち越しゴールを奪います。
カウンターからジェズスがボールを運んでザネに繋ぎ、そこからのクロスボールをベルナルド・シウバが決めて2-1。
ここの展開は早かったですし、シティらしい攻撃でしたね。

それで終盤にシティが3点目を奪うことにはなりますが、ショートコーナーからザネ⇒フェルナンジーニョでフィニッシュ。
ちなみにこの試合は全部の得点をザネがアシストすることになりました。
ワールドカップも期待してます。

試合結果

試合は3-1でホームのシティが勝ってます。

得点者
前半16分 シティ:ダニーロ
前半20分 ブライトン:ウジョーア
前半34分 シティ:ベルナルド・シウバ
後半27分 シティ:フェルナンジーニョ

交代者
シティ
後半31分 ジンチェンコ⇒メンディ
後半38分 ジェズス⇒ディアス
後半41分 トゥーレ⇒ヌメチャ

ブライトン
後半28分 グロス⇒カヤル
      ウジョーア⇒ロカディア
後半34分 イスキエルド⇒マーチ

イスキエルドっておもろい名前やね。
(椅子消えるど)

ハイライト

全体のハイライトです。