ロシアワールドカップベスト16の日本代表 対 ベルギー代表の試合は”W杯史上最もきれいなロングカウンター”をベルギー代表に食らってしまい、日本代表が敗退することになりました。
(ハイライトを観たい方はこちら

僕はツイッターをやってますけど、あの場面に関しては「山口蛍なにやってんだ!!」って感じで結構盛り上がってたと思ってます。
ちなみに僕自身はもともと山口蛍が嫌い(ボールを持った時のあの不安感w)なんで、彼が批判されてるのは全然問題ないんです。
ただ、批判するにしてもほとんど技術的な話がなかったことにちょっと違和感を感じました。

あの失点の責任は山口蛍にある、、、っていうのは実はかなり乱暴な批判なんです。
守備っていうのは一人でやるもんではありませんし、あの状況(数的不利な状況でのカウンター)を作り出されてしまった時点で失点するリスクっていうのはかなり高くなってました。

結局、自分達のCKに気を取られてカウンター対応をおろそかにしてしまったチーム全体の責任と言えます。
しかし、山口蛍自身の守備対応に問題が無かったのか?って言われるとそれはまったく別の話になってきます。

ホントに山口蛍をしっかり批判するなら”あの時にどう対応すべきだったか?”ってところをきっちり書くべきなんです。
そういうわけでこれからその部分を説明していきます。
(結局、批判するんかい!っていうのは置いといて、、、)

失点するまで


ベルギーの決勝点は後半アディショナルタイムに生まれています。
本田のCKを相手GKのクルトワがキャッチ。
そこからデブライネに展開し、デブライネはそのまま高速ドリブルでボールを前線まで運んでいきます。
そして、このシーンに入ります。


日本は完全に数的不利です。
ベルギー攻撃陣5枚に対して日本の守備陣は3人しかいません。
そして、センターにいるのが山口蛍。
ルカクと一緒に走ってるのが長友、手前で自陣に戻っているのが長谷部となってます。

この時点でかなり厳しい状況だったいうのは見ればわかります。
それでセンターにいた山口としてはかなり難しい対応を迫られた格好なんですが、実際に彼が取った行動は”その場にとどまる”ことでした。
(厳密に言うと少しづつ後退はしてますが)
それで次のシーンに移ります。


山口があまり動かなかったことで、激走してくるデブライネとの距離はどんどん縮まりました。
この時”デブライネとの1対1でなんとか攻撃を遅らせよう”と山口は考えたのかもしれませんが、結局右サイドのフリーの選手に展開されてしまいます。

それで山口がデブライネのところにいるわけですから日本の守備陣はさらに状況が悪くなってます。
ベルギーの選手4枚に対して日本の選手は長友と長谷部の2枚。
右サイドへボールが流れたんで、長友はそっちの方向へシフト。
そうするとルカクがフリーになるから、長谷部がルカクをケアしに行くようになりました。

ここまでの流れによって最後にゴールを決めることになったシャドリがフリーになっちゃったわけです。
最後のクロスボールをルカクがスルーしたプレーにはホントにセンスを感じますが、逆に日本の守備対応にはセンスが感じられませんでした。

山口はどうすべきだったか?


相手のベルギーのカウンターはかなり鋭かったですし、日本は数的不利な状況でしたが失点のリスクを極力減らすことは可能だったと思ってます。
(それでも確実に失点を防げたわけではありませんが)

山口蛍があの瞬間に選択した「その場にとどまる」という行動は、残念ながら守備対応のミスだったと言わざるを得ません。
昔僕が安太郎の「1人行った方がいい」はその時の状況によるって記事を書きましたが、それで触れた内容と今回のシチュエーションはかなり似ています。

山口蛍はデブライネに突っ込んでいったわけではありませんが、デブライネに”対応しようとしたわけ”です。
「正面を向いてドリブルを仕掛けてくる相手に対してボールを奪いに行ってはならない」っていう守備のセオリーがあるんですが、山口蛍はそれに反する行動をとったことになります。
(そしてボールホルダーがデブライネだったっていうのは全く関係ありません)
勢いよく突っ込んでスライディングをカマしに行かなかっただけまだマシな方なんですが、数的不利な状況でボールホルダーに向かっていってはダメです。
ちなみに「ファールでもして止めに行け!」っていうのも論外です。
そもそもチャレンジすることがナンセンスだからです。


この状況で優先すべきことは「ボールを奪いに行く」ことでも「相手を遅らせに行く」ことでもなく、「急いで自陣ゴール前まで戻る」ことです。
実は長友と長谷部はその優先事項にそって一生懸命ゴール前まで戻っていました。
山口蛍だけが一人その場でとどまったわけです。

もし山口蛍があの瞬間ゴール前まできっちり戻る選択をしていれば、シャドリがフリーでシュートを打てる状況にはなりませんでした。
(たとえば、山口がルカクをケアしていたら、長谷部がシャドリの方をケアしに行けてたかもしれませんし)
まあ、逆サイドにフリーのアザールが走ってましたから、そちらに展開されれば結局失点はしていたかもしれませんけど、少なくとも失点の確率自体は減らせていたはずです。

まずは「ゴール前の危険なスペースを埋める」ことがゴールを守るうえでの最優先事項です。
ドリブルしているデブライネは”放っておく”しかなかったんです。
(対応しようとしたからこそ、よりスキが生まれてしまったんです)
山口蛍はもともと”人に対する意識”が高い選手でしたのでこうなってしまったことに仕方のないところはあります。
しかし、もしあの位置に柴崎岳がいたとしたらまた違った展開になっていたんでは?と考えられずにはいられません。

もし日本が今後も攻撃的に戦っていきたいなら、こういった数的不利(または数的同数)でゴールを守らなきゃいけない場面っていうのはいっぱい出てきます。
そのたびに”相手がミスってくれること”を期待していてはいつまで経っても強豪相手に勝ち切れません。

この失点っていうのは日本の守備対応を見直すいい機会を与えてくれます。
こういったところを一つずつ潰していかないと”世界との差”は縮まりませんからね、、、

*日本の守備対応に関する記事です。

ココがヘンだよ!日本人の守り方