サッカーというかフットボールの歴史には100年以上のものがあります。
基本的にサッカーの戦術だったり、フォーメーションっていうのは他のチームを「パクったり」それがうまくいけば他のチームに「パクられたり」っていうことの繰り返しです。

サッカーの戦術やシステム(フォーメーション)はその当時にうまくいったチームのトレンドに合わせて微妙に変化していくことが多くなっています。
実際はかなり長いスパンで観察していかないとその変化に気付けないものだと言えるんですが、これまでの歴史を振り返ることでこれから先にどういった変化が起こっていくのか?とか、今はどういう状態にあるのか?という部分を理解する手助けになるはずです。

この記事ではサッカーそのものの歴史とフォーメーション(システム)の変化について説明していきます。

サッカーとラグビーは親戚


サッカー発祥の地はイングランド、、、っていうのは結構有名な話です。
いつ頃からサッカーが本格的に始まったのかは不明ですが、1860年代にFA(フットボールアソシエーション:サッカー協会)が設立されて、それまでバラバラだったサッカールールの統一化が図られるようになっています。
この当時のサッカーは相手を吹っ飛ばすタックルとか「ハッキング(足のすねを蹴って撃退する行為)」が当たり前のようにあったそうで、男らしさを競い合うゲームという毛色が強かったそうです。

FAでの統一化を図る会議ではこのハッキングを入れる・入れないでかなりもめたんですが、最終的には入れない(現在のルール)ことになっています。
そして、当然これに反対する側も当時はかなりの勢力がいたわけなんですが、FAの決定に納得できずに脱退したメンバーたちが、この後にラグビー協会を設立することになるわけなんです。

ちなみにこの時にはまだ「オフサイド」のルールは適用されていませんでした。

最初はフォワード7人


サッカー協会が設立されてからの主流のフォーメーションって、「2-1-7」っていう2バックシステムでした。
「FW7人でバック2人って、、、どうやって守んねん!!」って感じですが、そもそもこの当時は守備に対する意識がほぼなかったし、「プレッシング」とか「ポゼッション」とかそういう概念すらもまったくありませんでした。

なかなかこの時のサッカーをイメージするのは正直難しいのですが、とりあえずロングボール主体で戦っていたようです。
後ろの選手がロングボールを蹴って、いかに前の選手が追いつけるか?といった感じですね。
そして↑にも書いたように、やっぱりフィジカルコンタクトもかなり激しかったようです。

当たり前なんですがケガ人はよく出たそうです。
だからこそ、ルールとしてはこれから徐々に規制がかかるようになっています。

まあ、プレミアリーグの特徴として「強いフィジカル、速いスピード、そしてポゼッションにこだわるチームが少ない(ロングボールが多い)」っていうのは、こういった背景が根強く残っているから、、、 
という風に考えることもできますね。

2バックから3バックへ


1920年代に「オフサイド」のルールが適用されるようになってから、フォーメーションに変化がでるようになりました。
3-2-5って感じで、2バックから3バック、フォワードは5人まで減ることになります。

その当時のフォーメーションは「WMシステム」っていう風に呼ばれていたそうです。
イメージとしてはこんな感じです↓↓

WM

今風にいうと3-2-2-3って感じになります。
意外と今のフォーメーションにあってもおかしくない形にも見えますね。

ただ、この当時はチームの戦い方としてはまだかなり”前がかり”なので、フォワードの下の二人も「インサイドフォワード」っていう風に呼ばれてました。
そもそも連動して、守備をするという意識があまりありませんでしたし、配置で完全に役割を分担していて「守るやつは守る、攻める奴は攻める」って感じでチーム内の役割がきっちり分かれていたわけです。

しかし、当時としてはこのシステムがかなり画期的だったわけです。
だって、どう考えてもこっちの方がバランスいいですもんね。
そのため、これから一気に世界に広まっていくことになります。

そして、ここから4バックが登場することになります。

強かったブラジル


3バックが登場してから、約30年間はWMシステムのフォーメーションが主流でした。
そしてこの流れに変化が表れるのが1950年代となっています。

ブラジルは1958年のワールドカップで初優勝したわけなんですが、、、
その時に披露したフォーメーションが4バックシステムです。
(実はゾーンディフェンスという考え方もこの時に初めて活用されたという話もあります)
それは4-2-4というシステムで、当時としてはかなり斬新なシステムとなっています。
ちなみにその時のブラジル代表の前線の4枚はガリンシャ、ババ、ペレ、ザガロで、かなり強力なアタックラインになっていましたね。
(↓のおっさんはサッカーの神様ペレ)

Embed from Getty Images

とはいえ、今の時代とは違い、4バックといってもこの時はサイドバックの攻撃参加なんてほぼありません。
それに全体的な守備の連係もそこまであったわけではありません。
ブラジルの優勝によってこのシステムが徐々に世界中へ浸透するようになりますが、ここからはサッカーの考え方自体に変化が表れるようになります。

カテナチオ


カテナチオはイタリア語で、かんぬき とか 門を閉める錠 とか、そういった意味があります。
イタリアサッカーにカテナチオという伝統があるっていうのは結構有名な話であり、”鉄壁の守備”の代名詞みたいなものになっちゃってます。

そのカテナチオが登場するのが1960年代からとなります。
今思えば割と歴史がある考え方ですね。

サッカー発足当初から徐々に攻撃意識⇒守備意識という感じで考え方がシフトしてきましたが、実はここでその守備意識がマックスまで高まることとなります。
ちなみにここ辺りから「リベロ」っていうポジションが登場することにもなっています。

実際はリベロというより「スィーパー(掃除人)」って意味合いの方がはるかに強いんですけどね。
基本的に相手のアタックラインに対して、こちらのディフェンスラインがマンマークで対応する場合にその後ろにリベロが控えているイメージです。
自チームが守備時の時には必ず数的優位が作れるようにしたわけなんですが、これが結構インパクトのあるシステムだったみたいです。

そして、カテナチオが最初に威力を発揮したのは代表チームではなく、イタリアのあるクラブチームでした。
チャンピオンズリーグの前身であるチャンピオンズカップの62/63シーズンにACミランが初優勝、そしてその翌年から翌々年にかけてインテルが連覇をすることになります。
これらのチームがカテナチオを駆使して、世界の舞台で結果を残していったわけです。

攻撃するリベロ

セルヒオラモス
カテナチオが登場する前からチームとしての守備意識はかなり高くなっていきました。
そして、当時のスタイル守備戦術は「マンマーク」が基本でした。
マンマークでがっつり相手に守備をされるとなかなかボールをキープできませんし、チームのポゼッションも悪くなります。

そういった状況を打開するために登場するのが「攻撃するリベロ」です。
1970年代から出てくるのですが、それがドイツの有名な「フランツ・ベッケンバウアー」です。

攻撃するリベロって、ちょっと現代の感覚だとわかりにくいかと思います。
(まあ、CBが積極的に攻撃参加するようなイメージにはなりますかね)
まず、自チームが攻撃の時の最後尾にいるリベロには相手のマンマークがついていません。
そして、そのリベロが攻撃参加するのために前線へ上がっていったなら、ほぼほぼフリーの状態でボールに触れることになります。

つまり、そのリベロが

  • ボールをキープできてドリブルでボールを運べる
  • かつ視野が広くてパスの配給がうまい
  • そしてミドルレンジからシュートも狙える
  • となったら、相手にとってはかなりの脅威となります。
    足元の技術に優れた選手が”あえて”リベロというポジションをとることにより、ゲームメイクというビルドアップを「スムーズにしよう」というコンセプトがあったわけです。

    フォーメーション的にはリベロを置いているということでカテナチオとものすごく似ることになりますが、やっているサッカーや考え方はまったく違ってきます。
    むしろそれぞれが対局に位置しているものであり、攻撃するリベロがいるというのはチームのスタンスとしてはかなり攻撃的になりますし、後にオランダで有名になった「トータルフットボール」と相通ずるところがあります。

    サッカーの歴史的にベッケンバウアーのような攻撃参加するリベロが出現するようになってから、実はサイドバックなんかも当たり前のように攻撃参加するようになります。
    その代わりにサイドバックが攻撃参加すると自陣まで戻ってくるのに時間がかかりますし、その間に生まれたスペースっていうのは代わりの選手が埋める必要が出てきます。

    そういった戦い方の変化もあり、、、
    この時代から”全員で連動してサッカーをする”という考え方が、世の中に出現するようになります。
    そして、その中でとても有名で現代サッカーに最も影響を与えたと言われているのが、クライフがいたオランダ代表のサッカースタイルなんです。

    トータルフットボール


    1974年のワールドカップで準優勝したオランダがとった戦術が「トータルフットボール」と言われ、後のバルササッカーに多大なる影響を与えます。
    フォーメーションっていう”配置(ポジション)”に関係なく、ピッチ内を選手たちが縦横無尽に駆け巡り、「全員攻撃・全員守備」で戦うスタイルです。
    そしてその戦い方の特徴としては、攻撃の時の細かいパスワークと守備時の速いプレッシングです。

    実はW杯で結果を残したオランダ代表には突出してポテンシャルの高い選手、、、っていうのはほとんどいませんでした。
    オランダの中心選手はもちろんクライフでして彼の能力は相当高かったんですが、それ以外の選手というのはそこまですごい選手ではありませんでした。
    そういった中でもオランダがワールドカップで結果を残すことができたのは「チームプレーとしてのパスワーク・プレッシング」にとても優れていたということを世に知らしめる結果となったわけです。

    ハイプレスの登場


    トータルフットボールの特徴であったのがパスワークとプレッシングなんですが「パスワークは重視せず、プレッシングのみに特化したチーム」というのが、同じ時期に出てくることになります。
    それが当時、ACミランを率いていたサッキ監督が用いた戦術になります。

    つまりここからいわゆる「ハイプレス」が登場することになります。
    ディフェンスラインが全体的に高い位置を取り、かつ守備陣形を非常にコンパクトに保つ。
    そして、チーム全体で連動したプレッシングを仕掛ける。

    もともと(ゴールを守るための)守備の考え方であった”プレッシング”というものを進化させて、 積極的にボールを奪いに行く攻撃的なチームを作った のがサッキであり、ACミランというチームでした。

    ドリームチーム


    一方、現役引退後のクライフはアヤックスを経て、リーガのバルセロナを率いるようになります。

    サッキがプレッシングに特化したチーム作りをしたのに対し、クライフはパスワークに特化したチーム作りを目指しました。
    つまり、一般的にいう”ポゼッションサッカー”の登場がここであり「ボールを保持している間は相手に攻撃されることはない」というのが、この戦い方の強みになります。
    それにもちろん、攻撃力もありました。

    クライフ率いるバルサは90/91シーズンにリーグ優勝し、そこから4シーズン連続でリーグ優勝するわけなんですが、その功績を称えてこの当時のバルセロナは「ドリームチーム」と呼ばれるようになります。
    まあ、ロマーリオ、後にバルサの監督になるグアルディオラ、ロナルド・クーマン、ラウドルップなどの選手がいましたね。

    現代サッカーの始まり


    サッキのハイプレス、クライフのパスワーク、ほぼ同時期に登場した”2つの対極にあるスタイル”が登場したことで現代サッカーというものが始まっていくことになります。

    特にACミランのハイプレスはその後にいろんなチームが模倣したり、改良したりしていきます。
    今の日本代表の戦い方だってその考え方を参考にしていますし、チリ代表やクロップが率いているリバプールとか、ユベントスなんかも元をたどれば同じです。

    一方でパスワークを模倣したり、改良したりするチームはあまり表れることはなかったですね。
    (そもそも真似するのが難しいですからね)
    こっちは後にその監督となったグアルディオラ率いるバルセロナがその進化形となり、完成形となるサッカースタイルを実現することになっていきます。

    クライフの思想を現実のものとし、そのうえで数々の功績を残してきたのがジョゼップ・グアルディオラ監督という人です。
    だからこそ、彼に対する賞賛の声は止みません。
    そして、そのグアルディオラ監督は現在マンチェスター・シティを率いております。

    彼のサッカー戦術もまだまだ変化(進化)しています。
    そして、それに対抗するためにプレッシング戦術もより強力になっていっています。

    これからどういった戦い方の変化や新たな戦術が生まれてくるのかは予想できません。
    しかし、その未知の領域こそサッカーの醍醐味なのかもしれませんね、、、

    今回の記事はこちらの書籍を参考にしています。
    サッカー戦術に馴染みがない方でも非常に読みやすくなってます。
    *興味がある方は↓の画像リンクからアマゾンで購入可能です。