UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節、ドルトムント対レアル・マドリードの一戦です。
リーグ戦好調のドルトムントと、リーグ戦不調のレアルが戦うゲームになりました。

ドルトは前節、アウェーでトッテナムに敗れており、レアルが相手とはいえ、この試合は落とせないです。
トゥヘルからボス監督に代わって、かなり組織だって攻撃をするようになったドルトムント。
個人的には、デンベレがいなくなって、代わりに入ったヤルモレンコがかなりハマってます。

~スポンサードリンク~

ハイライト

全体のハイライトです。

フォーメーション

ドルトムントとレアル・マドリードのフォーメーションです。

フォーメーション

香川はベンチスタートです。
まあ、ゲッツェいるしな。

レアルは4-3-3で表記してますが、イスコのポジションが流動的なので、あんまり参考にならないかもです。

前線からプレッシング

ドルトムントはレアル相手でも関係なしに前線からプレッシングしてました。
で、レアルも基本的に引かないので、DF背後のスペースってのは両チームとも結構空いてきます。

立ち上がりはドルトの出足が良かったですね。
囲い込みと寄せが抜群に速かったです。
とはいえ、レアルの方もしっかりドルトDFラインの背後を狙えてたし、攻撃の速さって考えるとレアルの方が上回ってましたね。
ただ、決定機は両チームとも作れてたし、わりとギリギリのところで失点を防いでいる印象です。

ベイルのボレー

縦に早い攻撃ってのは、両チームともやってたし、決定機も作ってましたが、先制できたのはレアルでした。
決めたのはベイル。
普通にスーパーゴールだと思いますし、カルバハルからのパス1本で、ゴールを奪っちゃうんで、この辺はさすがですね。
後ろからのボールで、合わせるのが難しいですが、インサイドでキレイにボレーしてます。

苦しいドルト

先制されてから苦しくなってたのはドルトムントで、特に攻撃の時にフィニッシュまで持っていけてなかったですね。
レアルがしっかり引いて、守備ブロックをコンパクトにするようになったので、なかなかスペースがありません。
で、自陣深いところからボールを奪ったとしても、ベイルとかイスコとかがしっかり背後をすぐ狙ってるし、そこに供給するパスも正確なので、ドルトとしては押し込んでても気が抜けないんですよね。

前半も終わりごろになると、徐々にドルトがペースを取り戻していくんですが、同点に追いつくことはできませんでしたね。


-------スポンサードリンク-------

ロナウドとオバメヤン

後半開始早々にレアルが追加点をあげました。
これはベイルが背後を取ったのが、大きかったですね。
もともとオフサイドポジションにいたロナウドのシュートブロックに入るには、時間が足りなかったので、レアルがうまかったなというゴールですね。

これで相当レアルが有利になったなと思ったんですが、ドルトがすぐに1点返します。
カストロのクロスをオバメヤンがうまく合わせてのゴールでしたね。
なんだかんだ両チームともエースがゴールを取って、面白い展開でしたね。

布陣を変えたが

ドルトはバイグル、ダフドと選手投入するときに4バックから、3バックに変更してました。
ゴールを取りに行くのに中盤の枚数を増やしてって、意図があるんですが、カウンターの時にベイルに3バックの脇をかなり使われることになります。
前半からずっと、ベイルにやられててかなり怖さもあるんですが、ゴールを奪うためには仕方ないって感じですね。

これによって、ドルトの攻撃に厚みは出たんですが、なかなか決定機を作れなかったですね。
それでそうこうしているうちに、レアルに追加点を奪われます。
決めたのはまたしてもロナウドでしたが、この辺は仕方ないところでもありました。
まあ、シュートは強烈でしたけどね。。。

試合は結局、1‐3でレアルが勝ったんですが、この試合はベイルが効いてたかな~

試合が終わって、、、

ロナウドはほぼ消えている時間が多いんですが、いざボールを持つときっちりフィニッシュまでもっていきますね。
2点取ってるし。
個人的に注目してたヤルモレンコは、ナチョとカバーに入ってるラモスにつぶされることが多くて、本来の仕事ができてなかったですね。
もともとジダンはここを注意してたかもしれませんね。

で、ドルトはトゥヘル監督の時から、ビッグマッチではなかなか使ってもらえない香川ですが、これに関しては仕方ないとしか言えないですね。
僕が監督でもそうするし、香川はなんだかんだプレスの部分で弱さがあるので、強豪とあたって、しっかりプレスをかけたいときには使えません。

攻撃の部分で変化を与えることはできますが、まあ、フルで使うのは難しいです。
似たようなタイプのゲッツェとか実はチームの中で一番走ってるし、ボールを奪われた時のプレスも早いんで、普通に考えて、こっちを使うかな~

ドルトとしてはグループステージ突破がかなり厳しくなってきたんですが、まあ国内リーグを頑張ろう!!
それではまた次回!!

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”