ロシアW杯シリーズ。
今回はスペインについて好き勝手書いていきます。

タイトルを見ると”若干バカにしてる感”がありますけど、全くもってそういうわけではありませんので宜しくどうぞ。
なんかサッカーにおける至宝って言葉はスペインをイメージしちゃうんですよね。
まあ、ずっと言われてたラウールの影響が大きいんですがw

イニエスタ・セスク・シルバをはじめ、イスコやアセンシオって感じですもんね。
やっぱり”至宝”ばっかりだと思いませんか?
(まあ、ええか)

ロシアW杯ではFIFAランキングの影響で「謎にポッド2」に分類されてしまったスペイン。
その影響でいわゆる死のグループができるっていわれてましたけど、スペインがいるグループBは大したことにはなりませんでしたね。
(ポルトガル・イラン・モロッコ)

このチームは昔からずっと優勝候補と言われ続けてきてます。
それでも初優勝できたのは2010年の南アフリカ。
オランダとの決勝戦は今でも覚えておりますが、なかなか緊張感のあるいい試合でしたよ。
(ちなみに決勝ゴールはイニエスタ)

まあ、このチームは華麗なパスワークとかそれにより展開される”崩し”に注目が集まりますけど、確か南アフリカではほとんどの試合を1-0で勝ってたはずです。
そもそもボールをずっと握ってたから「相手が攻撃するチャンスがなかった」っていうのがそうなった一番の理由なんですが、たぶんロシアの舞台でもそういった試合は多くなると思ってます。
逆に打ち合いの試合になっちゃうとどうなのかな~って気もしてますけど、それは本番でのお楽しみです。

W杯メンバー

今回もサッカーキングさんから引用してますが、予備メンバーは載ってませんでしたね。

▼GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U/イングランド)
ペペ・レイナ(ナポリ/イタリア)
ケパ・アリサバラガ(アスレティック・ビルバオ)

▼DF
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
アルバロ・オドリオソラ(レアル・ソシエダ)
ナチョ・モンレアル(アーセナル/イングランド)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリード)
セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド)

▼MF
セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
イスコ(レアル・マドリード)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
コケ(アトレティコ・マドリード)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/ドイツ)
ダビド・シルバ(マンチェスター・C/イングランド)
マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)

▼FW
ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
ルーカス・バスケス(レアル・マドリード)
イアゴ・アスパス(セルタ)
ロドリゴ(バレンシア)

引用元:サッカーキング

そんなわけで、GKはローマ(ブラジル)のアリソンとならんで今一番いいと言われているデ・ヘアです。
所属のユナイテッドは彼のおかげでいくら勝ち点を拾ったのかわからないぐらいお世話になった感じ。
控えはナポリのレイナです。
結構いい歳なんですが、GKはあんまり年齢関係ありませんもんね。

CBはお馴染みのピケとラモス。
そしてSBはアルバとカルバハルとなります。
ハーフ&ハーフでバルサとレアルなんですが、ここの組み合わせは強力ですなw

中盤はかなり強力です。
ちなみにセスクは選ばれてません。
神戸に来てくれてありがとうのイニエスタ、代えが効かないブスケツ、サッカーセンスは神の領域ダビド・シルバ、レアルの至宝イスコ・アセンシオって感じです。
まあ、アトレティコのサウール・コケもいますし、中盤はどの組み合わせ・配置にしてもうまく回りそうな気がしてます。

逆にFW陣はそもそも選考が少ないです。
センターにはジエゴ・コスタが入ることが多いんでしょうけど、そもそもゼロトップとか普通にできますんであんまりFWの人数がいりませんな。

予想フォーメーションと見どころ

毎回こうやって書いていますけど、まったくもって根拠がない予想フォーメーションなんで、あまりアテにしないでくださいw
というわけで、スペインの予想フォーメーションです。

パート1は確かW杯の予選でイタリアとやったときのスタメンです。
それをそのまま持ってきたんですが、たぶんこれに近い配置になるんじゃねえかと踏んでます。

パート2はちょっと趣向をかえて4-4-2にしてます。
2トップに少し物足りない感じがあるかもしれませんが、攻撃にも守備にも非常にバランスがいい布陣だと思ってます。
(ただ、試合でこれを見ることはなさそうですけど)

それでスペインの見どころはW杯の初戦です。
上で死のグループではないって書きましたけど、初戦の相手がややこしいです。

6月15日の初戦はポルトガルとの試合。
ワールドカップの統計的に初戦で負けてしまったチームは”ほぼ消えます”ので、どっちかが勝つとどっちかが消えてしまうっていう残念な結果になっちゃいます。
まあ、そうならないように0-0の引き分けとかにしてくれたらいいんですけど、勝負事なんでどうなるかわかりませんよね。

それで、個人的にスペインで注目してほしいのはトランジション(攻守の切替)です。
代表メンバーはバルサ・レアル・アトレティコが主流ですけど、もともとスペインのチームはトランジションが”上手い”です。
だからこそ、相手にボールを奪われてもすぐに奪い返すことができ、高いポゼッション率をキープ出来てます。

まあ、パスワークがきれいなんでね~、そこに見惚れるのもいいかもしれませんが、”ボール奪われてから”や”ボールを奪われる寸前の選手たちの動き”っていうのにも注目してもらいたいもんですな。

とりあえず、スペインに関してはこれぐらいですね。
正直、優勝するとは思ってませんけど、どこまで勝ち上がるのか?に注目です。
(初戦でポルトガルに負けると終わるし)
というわけで、また次回!!